• ホーム
  • 映画
  • 『最後のジェダイ』マーク・ハミル、自分の居場所は「スター・ウォーズ」

『最後のジェダイ』マーク・ハミル、自分の居場所は「スター・ウォーズ」

 2017年5月にシリーズ第1作目の公開から40周年を迎えた映画『スター・ウォーズ』。シリーズ最初の三部作(旧三部作)の主人公で、現在、公開中の最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でも物語の鍵を握るルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミルが来日。長い付き合いとなった「スター・ウォーズ」への思いを語った。

【写真】その他の写真を見る


* * *

――『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015年)からはじまる新たな三部作に戻ってくることに抵抗があったようですが、詳しく聞かせてもらえますか?

【マーク】戻ってくるのが嫌だったのではなくて、『スター・ウォーズ』のファンは、ほら、容赦ないところがあるじゃないですか。もし新たな三部作が、ファンにとって期待外れなものだとしたら、ボロクソに言われたりするわけです。自分の中ではルークの物語は旧三部作(エピーそ4〜6)で完結したものと思っていたし、まさか30年も経って再びルークを演じることになるなんて、思いもしなかった。三部作として完成されていて、世界中で愛されている作品があるのに、自分がノコノコ戻ってきて台無しにしてしまったら、とんでもなく叩かれるだろうという恐怖感はあったよね。

 僕はそもそも神経質で、すぐに緊張してしまうところがあってね。ブロードウェイの舞台作品にも出演してきたけれど、何ヶ月もロングラン公演している作品でさえ、客電が落ちて幕が上がる時は、毎回、心臓がバクバクしていた。だから、出演を決めて、撮影に入るまでは本当にドキドキしていたんだけど…。いざ、現場に入ると、すごく居心地が良くてね。やっぱり自分の居場所はここなんだって感じたんだ。

 特にミレニアム・ファルコン号のセットに入った時は、感慨深いものがあったね。オイルがポタポタ漏れているところとか、細かいディテールまで完ぺきに再現されていたことに驚いたよ。気のせいかもしれないけど、においまで同じだった。40年前からのことが走馬灯のように蘇って、泣きそうになった。まさか自分がそんなに感傷的になるとは思っていなかったよ。

――前作『フォースの覚醒』では、ラストシーンでライトセーバーを差し出すレイをじっと見つめるだけでだったルーク。『最後のジェダイ』では、「ジェダイは滅びる」というネガティブな発言が予告編で切り取られ、暗闇の中にいるみたいに見えますが…。

【マーク】ルークは最初の三部作で誰よりも希望にあふれ、楽観的なキャラクターだった。それが『最後のジェダイ』で、「ジェダイは滅びる」なんてせりふを口するようになるなんてね。僕自身が驚いたよ。彼の身に何が起きたんだ!と思うよね。それは、映画を見てもらえばわかると思う。

 『エピソード6/ジェダイの帰還』(1983年)から約30年、僕自身も人生経験を重ねて、ものの味方が変わってきたな、と思うこともある。『スター・ウォーズ』や、ルーク・スカイウォーカーは自分にとってどんな意味合いのあるものか、というのも変わってきている。ありがみは確実に増したよね。

――マークさん自身はライトサイドの人のように見えます。ダークサイドに引き寄せられたことはありますか?

【マーク】自分は7人兄弟の大家族で育ちました。家の中はいつも笑いが絶えない、といった感じで、僕自身も人を楽しませることが好きだし、楽観的な性格だから、常にハッピーなんだよね。悪に誘いを受けたこともないですし、そもそもいまは奥さんが許してくれないと思う(笑)。ただですね、さっき神経質なところあるといったけど、気が弱いところもあって、どちらかと言えばいじめられっ子タイプなんだ。だから、自虐ネタで笑わせて、攻撃されるのをかわしながら、これまでの人生を切り抜けてきました(笑)。

■ルーク・スカイウォーカーとは?

 前作『フォースの覚醒』は、『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』から30年後、銀河の独裁をもくろむファースト・オーダーと、それに抵抗するレジスタンスが戦う世界で、ジェダイ騎士唯一の生き残り、ルークを探し求める冒険が描かれた。

 ルークは、ダース・ベイダーの息子に生まれながら、自らの運命に抗い、銀河に平和を取り戻した過去を持つ。ジェダイ騎士唯一の生き残りにして伝説の英雄。妹レイアとハン・ソロの息子を預かっていたが、その子が暗黒面へと走ってしまい、苦悩したルークは姿を消してしまう。しかし、レイア率いるレジスタンスは、ファースト・オーダーの邪悪な企てを阻む“最後の希望”として、再びルークを必要とし、ファースト・オーダーも彼を抹殺すべく、その行方を追っていた。やがて、惑星オクトーの孤島に隠遁する者としてレイの前に現れる。この続きが『最後のジェダイ』(公開中)で描かれる。



関連写真

  • 映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(公開中)伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミル=2017年12月6日、都内で撮影 (C)ORICON NewS inc.
  • 2017年12月6日、都内で撮影 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』ライトセーバーを受け取ったルークは…(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
  • 映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(公開中)来日プロモーション時のマーク・ハミル=2017年12月6日、都内で撮影 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(公開中)来日プロモーション時のマーク・ハミル=2017年12月6日、都内で撮影 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(公開中)来日プロモーション時のマーク・ハミル=2017年12月6日、都内で撮影 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス