• ホーム
  • 芸能
  • 瀬戸利樹、『エグゼイド』終了後、初のドラマ出演「白衣を着ていない自分が不思議」

瀬戸利樹、『エグゼイド』終了後、初のドラマ出演「白衣を着ていない自分が不思議」

 『仮面ライダーエグゼイド』で仮面ライダーブレイブ/鏡飛彩を演じた瀬戸利樹が、テレビ朝日系金曜ナイトドラマ『重要参考人探偵』(毎週金曜 後11:15※一部地域で放送時間が異なる)第7話(12月1日放送)にゲスト出演する。8月に『エグゼイド』終了後、初めてのドラマ出演に「白衣を着ていない自分が不思議」と話していた。

 玉森裕太Kis-My-Ft2)が“なぜかいつも死体の第一発見者になってしまう不幸体質の男”に扮し、小山慶一郎古川雄輝演じるモデル仲間たちと殺人事件の謎を解いていくコメディーミステリー。

 瀬戸が第7話で演じるのは、プロカメラマンのアシスタントをしながら、コンクールで新人賞を獲得するなど、将来有望な若手カメラマン清見悠(きよみ・ゆう)。玉森演じる圭たちとともに温泉旅館のホームページの撮影にやってきたところ、先輩カメラマンの高江克海(斉藤陽一郎)が何者かに毒殺されてしまう、という事件に遭遇する。

 瀬戸は「久しぶりのミステリー作品でもあったので、一つひとつがまた新鮮な気持ちでした。夢のために師匠から技術を真剣に学ぶ眼差しにぜひ注目してください! 第7話はいったい誰が犯人なのか、最後までわからないハラハラな展開になっていますので、楽しみにしてください。そしてイケメン3人衆のサービスショットもありますので、そちらもぜひご覧くださいね!」とアピールしていた。



関連写真

  • 金曜ナイトドラマ『重要参考人探偵』第7話(12月1日放送)に瀬戸利樹がゲスト出演(C)テレビ朝日
  • 先輩カメラマン・高江克海(斉藤陽一郎)とアシスタント・清見悠(瀬戸利樹)(C)テレビ朝日
  • ドクターからカメラマンに(C)テレビ朝日

オリコントピックス