• ホーム
  • 芸能
  • 橋本環奈、『銀魂』オーディションに数秒で合格「めちゃくちゃ早かった」

橋本環奈、『銀魂』オーディションに数秒で合格「めちゃくちゃ早かった」

 女優の橋本環奈が3日、都内で情報誌『日経エンタテインメント!』(日経BP社)が選出する「ヒットメーカー・オブ・ザ・イヤー2017」の表彰式に参加。橋本はプレゼンターとして、映画『銀魂』『斉木楠雄のΨ難』などを手掛け受賞者となった映画監督・福田雄一氏に賞状を手渡し、福田組への出演が決まった経緯について明かした。

【写真】その他の写真を見る


 今年、『銀魂』『斉木楠雄のΨ難』に続けて出演。今や福田組を代表する女優としての地位を築いている。初主演だった『銀魂』の神楽役ではオーディションが開催されたという。福田監督は「キャラクター自体が特殊。実在する感じがしない」という設定で「僕の中で橋本環奈は偶像でしかない。ホントに実在する人だとは思ってなかった」と“奇跡の1枚”と言われた写真の中の橋本とマッチ。「生意気にもオーディションさせてくださいと言った。一度、会ってからじゃないと決められないと監督っぽいことを言った」というが「ドアから入ってきたときに『お願いします』と」と即決。橋本も「めちゃくちゃ早かったですよね」と苦笑しながら振り返った。

 また、即決の理由を問われると福田監督は「個人的に好みだった」とぶっちゃけ。苦笑いの橋本は「そういうことは、ここでは言うことじゃない。きょうはちゃんとしゃべるって言ってたじゃないですか!」とクレームを入れ、福田監督は「占いで、かに座が最下位だった。理由は『口が災いしてトラブル』って。ちゃんとクリエイターっぽいことを、きょうは言う」と思わず出た本音に自ら笑っていた。

 話題となった橋本の“鼻ホジ”シーンについても語った。橋本は「鼻をほじるときは第一関節は過ぎてください」という演技指導があったことを明かし「あのシーンが一番、厳しかった」と回想。そのおかげで福田組の看板女優という立場を得た。福田監督は「『斉木楠雄のΨ難』になってからは大御所感が出てきた。『どれがほしいの』みたいな感じ。天下無敵のコメディエンヌ。職人です」と大絶賛。「なかなか出てこない器」と手放したくない存在であることを明かした。

 コメディエンヌとしての道を歩み始めているが福田監督は「若干、心配ですね。僕のところ専属みたいなことになっちゃうと…。朝ドラとかも出たいでしょうし。ただ、あんな顔ばっかりしてたら朝ドラのオファー来ないでしょうし…」と朝ドラへの意気込みを無茶ぶりされると橋本は「頑張ります」と苦笑いで応じていた。



関連写真

  • 「ヒットメーカー・オブ・ザ・イヤー2017」表彰式に参加した橋本環奈 (C)ORICON NewS inc.
  • 「ヒットメーカー・オブ・ザ・イヤー2017」を受賞した福田雄一監督(左)とプレゼンターの橋本環奈 (C)ORICON NewS inc.
  • 「ヒットメーカー・オブ・ザ・イヤー2017」表彰式に参加した橋本環奈 (C)ORICON NewS inc.
  • 「ヒットメーカー・オブ・ザ・イヤー2017」を受賞した福田雄一監督 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス