• ホーム
  • 芸能
  • 『ドクターX』録画も失敗しないので 総合視聴率29.8%

『ドクターX』録画も失敗しないので 総合視聴率29.8%

 テレビ視聴率を調査しているビデオリサーチでは、関東地区でタイムシフト(録画)視聴の測定を行い、リアルタイム視聴率と合わせた総合視聴率を発表しているが、リアルタイム視聴で20.9%を記録したテレビ朝日系『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』初回(10月12日放送)の総合視聴率が29.8%だったことがわかった。

 初回のタイムシフト視聴率は10.7%。昨年10月期に放送された同ドラマ第4シーズン最終回のタイムシフト視聴率10.8%とほぼ同じ。安定した人気ぶりと同時に、録画よりもリアルタイムで同ドラマを楽しむ視聴者が多いことが改めて浮き彫りになった。

 タイムシフト視聴率は、リアルタイム視聴の有無にかかわらず、放送開始から7日内(168時間)でのタイムシフト視聴の実態を示すもの。総合視聴率は、リアルタイム視聴とタイムシフト視聴のいずれかでの視聴を示す指標。両方視聴した場合は1カウントとして集計している。



関連写真

  • テレビ朝日系『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』初回(10月12日放送)タイムシフト視聴を加味した総合視聴率は29.8%(C)テレビ朝日
  • 第3話(10月26日放送)患者役で平田満が出演(C)テレビ朝日

オリコントピックス