• ホーム
  • 映画
  • 【京都国際映画祭】健太郎、泣き演技を佐田正樹から大絶賛され照れまくる

【京都国際映画祭】健太郎、泣き演技を佐田正樹から大絶賛され照れまくる

 俳優の健太郎が14日、京都市内の各地で開催中の『京都国際映画祭』(15日まで)内で行われた映画『デメキン』(12月2日公開)の舞台あいさつに登壇。原作のお笑いコンビ・バッドボーイズ佐田正樹から演技を大絶賛され、気恥ずかしそうに照れた。

【写真】その他の写真を見る


 同作は佐田の自伝小説を映画化したもの。“デメキン”と呼ばれ、いじめられていた男が、福岡最大勢力の暴走族の総長になるまでを描く。映画化に大喜びの佐田は「自分の人生が映画になる人は少ない。なにより一緒に出てる友だちが喜んでいる。実名でやってますから」と笑みをこぼした。「結構リアルに再現している。当時を、めちゃくちゃ思い出しました。初めて集会に行ったとき、こんな感じやったとフラッシュバックした」と完成度の高さを語った。

 映画初主演を務めた健太郎は「光栄なこと。素直にめちゃくちゃうれしかった。バチバチに気合を入れました」とにっこり。「苦労した点はあまりなくて撮影した2週間はとにかく楽しかった」と撮影期間を振り返った。そんな健太郎に対して佐田は「唯一のフィクションは主役が男前なところ」と顔からほめた。そして「すごく怖くなっていく健太郎を見て、うれしかったです」と芝居も讃えた。

 印象的なシーンについて佐田は健太郎がトイレで泣くシーンを上げた。事前に「怒り悲しみの全部の感情だから」と健太郎にプレッシャーをかけていたという。そんなシーンを朝一番に撮影したが、健太郎はしっかりと涙の演技。佐田は「カメラを回した瞬間に、一滴の涙がツーって。役者やって思った」と大きな身振り手振りで大絶賛。続けて「カメラがうまく撮れてなかった。もったいないことして、何してますのって思って。もう1回、撮ろうってなった。2回目やって、またツーって。2回も同じことやるなんて、あれはすごかー」と再び博多弁でほめまくった。大げさな大絶賛の嵐に健太郎は「やめましょうよ」と照れまくっていた。

 そのほか、主題歌「一秒のあいだ」を担当したLEGO BIG MORLのカナタタケヒロ、山口義高監督も登壇した。



関連写真

  • 『京都国際映画祭』で主演映画『デメキン』(12月2日公開)の舞台あいさつに登壇した健太郎 (C)ORICON NewS inc.
  • 大げさに泣き演技を振り返る佐田正樹(左)を見る健太郎 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)佐田正樹、健太郎、カナタタケヒロ(LEGO BIG MORL)、山口義高監督=『京都国際映画祭』映画『デメキン』舞台あいさつ (C)ORICON NewS inc.
  • 『京都国際映画祭』で主演映画『デメキン』(12月2日公開)の舞台あいさつに登壇した健太郎 (C)ORICON NewS inc.
  • 『京都国際映画祭』で映画『デメキン』(12月2日公開)の舞台あいさつに登壇した佐田正樹 (C)ORICON NewS inc.
  • 『京都国際映画祭』で映画『デメキン』(12月2日公開)の舞台あいさつに登壇したカナタタケヒロ(LEGO BIG MORL) (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス