• ホーム
  • 芸能
  • 『わろてんか』第6回から登場・葵わかな「てんちゃんに気付かせてもらった、笑いの大切さを伝えたい」

『わろてんか』第6回から登場・葵わかな「てんちゃんに気付かせてもらった、笑いの大切さを伝えたい」

 7日放送の連続テレビ小説『わろてんか』で、ヒロイン・藤岡てんの幼少期を演じた新井美羽からバトンタッチして登場した葵わかな。明治後期から昭和初期の大阪を舞台に【葵わかな】「笑いをビジネスにした日本で初めての女性」となっていくヒロインを体当たりで演じる葵が、クランクインから約4ヵ月が経った現場の雰囲気、てんの役作りと自身の変化、成長について語った。

【写真】その他の写真を見る


【葵わかなインタビュー】

◆「てんちゃんに気付かせてもらった、笑いの大切さを伝えたい」

――第1週は幼少期のてん(新井美羽)のエピソードが中心ですが、葵さんへの笑顔のリレーは自然だったと思います。

【葵わかな】「台本を見たとき、セリフとして『あははははは』とだけ書かれている場面があって、声を出して笑うのは難しいなと思っていたんですが、美羽ちゃんは、声を出して笑うのが上手で。彼女の演技を見たり、自分でも演じていくうちに、自然に声を出して笑えるようになりましたし、台本のト書きにある『鈴のように笑う』『コロコロと笑う』というさまざまな笑い声にも挑戦しています」

――監督からも、いろいろ表情を変えてほしいと要求されたそうですが?

【葵わかな】「自分がどうしてこんなに笑顔輝く役に選ばれたのかよく分からなかったというか…ああ、ネガティブなことを言っちゃいましたけど(笑)。なので輝く笑顔を手に入れるため、最初に監督と『変顔』の練習をしたりしたんですが、今ではいろんな表情ができるようになって、だいぶ笑顔にも馴染んできたかなと思います。普段の会話でも、表情が豊かになったと共演者の方に言われますし。とにかくてんちゃんを演じるには笑顔がキーポイントなので、初めは顔全体を使って笑い、それができたら次は身体全体を使って笑うのを目標にしています。さらに歳を取ってからの笑いにも挑戦して、いろんな笑顔ができたらいいなと思っています」

――てんを演じるのは楽しいとおっしゃっていましたが、性格を自身と比較すると、やっぱり違いますか?

【葵わかな】「台本を見たときから、自分とはかけ離れている子だなと思っていました。てんちゃんは楽天的なところがあるんですが、私は結構ネガティブで物事を熟考するタイプなので(笑)。いろんなマイナスの気持ちをポジティブに変換できるのが、てんちゃんの強さだし、そこはぜひ見習いたいと思う部分です」

――日々演じながらてんに近づいているように感じますが。

【葵わかな】「以前は“てんちゃんだったらこう考える、でも私だったらこう考える”という受け止め方だったのが、最近はてんちゃんと私自身が混ざり合って、切り離して考えるのが難しいです。この先てんちゃんも年齢を重ね、子供が出来たりと、私が経験したことのない未知の領域に足を踏み入れることになります。どうやって演じればいいんだろうと考え始めたとき、とても不安になりましたが、それはてんちゃんにとっても“初めての経験なんだ、そういうことを一緒に経験して成長すればいいんだと気付いて楽になりました。撮影現場では、共演者さんやスタッフの方々のお陰で、これまでの現場で考えられなかったぐらい笑っているし。この4カ月で(てんちゃんに)取り込まれているのか、(てんちゃんを)取り込んでいるのか、とにかくいっしょくたになっている感じです」

――【葵わかな】「取り込まれているのか、取り込んでいるのか」という表現が面白いですね。実際、てんちゃんが自分のプライベートや考え方に影響していることもありますか?

【葵わかな】「“どう笑ったらいいか?”と日々考えているからかもしれませんが、前より笑うようになったと思います。これまで自分の笑いの沸点は高くてシビアだと思っていたんですが、本当は沸点が低くて意外と笑い上戸だったのか?って(笑)。ごく普通の日常で起きたことに対して反射的に笑えるようになったような気がします」

――てんという人は、夫婦で小さな寄席経営を始めたことで【葵わかな】「笑いをビジネスにした日本で初めての女性」となっていきます。自分、そして夫の好きな「笑い」を自分の一生の仕事にしていきますが、そういう部分に、女性として、人として憧れや共感はありますか?

【葵わかな】「私自身、今のこのお仕事が大好きです。好きなことを仕事にできるってなかなかないことかもしれませんが、好きだから上手くなることもあるし、好きだから続けられて、つらいことも頑張れるということもあるはずだと思います。てんちゃんは一度崖っぷちに立たされるんですが、そうなったときに、人生を賭けてもう一回何かを始めるとしたら、やっぱり自分の好きな『笑い』を仕事として選ぶというのは、すごくカッコいい、素敵な決断だと思うし、そういうてんちゃんの生き方に共感します」

――現場でも笑いに助けられたと語っていましたが、笑いに対する考え方や感じ方は変わりましたか?

【葵わかな】「今までは、自分の好きなときに笑って、笑いたくなかったら笑わなくてもいいという考えで、『愛想笑い』には悪い印象しかなかったんです。でも意外と『愛想笑い』も、誰かを想って笑うことに繋がるのかなって考えるようになりました。例えばすごく辛いときに、まず笑うことで気持ちが軽くなって元気になる。笑ってると不思議と疲れも取れるし、周りも明るくなるし、笑いって自分が思っているより大事なことなのかもって、てんちゃんに気付かされましたね。そういうことをドラマを観ている方々にも、説得力を持って伝えたいと思っています」

 連続テレビ小説『わろてんか』は、【NHK総合】(月〜土)午前8時〜8時15分/午後0時45分〜1時[再]【BSプレミアム】(月〜土)午前7時30分〜7時45分/午後11時30分〜11時45分[再](土)午前9時30分〜11時[1週間分]の各時間帯に放送。葵わかなインタビューの全文は、オーディション情報サイト「デビュー」に掲載中。
(http://deview.co.jp/X_topinterview_171004)



関連写真

  • 連続テレビ小説『わろてんか』ヒロイン・葵わかな 撮影/草刈雅之
  • 連続テレビ小説『わろてんか』ヒロイン・葵わかな 撮影/草刈雅之
  • 連続テレビ小説『わろてんか』ヒロイン・葵わかな 撮影/草刈雅之
  • 連続テレビ小説『わろてんか』ヒロイン・葵わかな 撮影/草刈雅之

オリコントピックス