• ホーム
  • 映画
  • 渡辺信一郎監督『ブレードランナー』短編アニメ、日本で初披露

渡辺信一郎監督『ブレードランナー』短編アニメ、日本で初披露

 アニメ『カウボーイビバップ』『サムライチャンプルー』などで知られる渡辺信一郎監督が制作した、SF映画『ブレードランナー』の短編アニメ『ブレードランナー ブラックアウト 2022』が、日本で初披露された。35年ぶりの続編『ブレードランナー 2049』(10月27日公開)と前作の空白を埋める物語が描かれる。

 渡辺監督は、続編の制作スタジオであるアルコン・エンターテインメントから直接オファー受け、短編アニメを制作した。描かれるのは、前作の主人公・デッカードが恋人の女性レプリカントと共に姿を消してから3年後の2022年の世界。前作の舞台である2019年から続編の2049年にいたるまでの“空白の30年間”で重要な鍵を握る“大停電(ブラックアウト)”のエピソード”が語られる。

 コンセプトアートでは、重厚で近未来的な『ブレードランナー』の世界観はそのままに、渡辺監督ならではの洗練されたスタイリッシュさを加えたもの。制作について発表された際、「アニメ版を制作するにあたり気を付けたのは、『ブレードランナー』に最大限のリスペクトを払うこと」と語っていたように、前作にも登場したパン・アメリカン航空のロゴマークや、知る人ぞ知る“強力わかもと”を彷彿させるような和服姿の女性が映る電子広告も確認できる。

■『ブレードランナー ブラックアウト 2022』本編
https://youtu.be/MKFREpMeao0



オリコントピックス