ドラマ&映画 カテゴリ

女優の木村多江が16日、都内で行われた映画『望郷』初日舞台あいさつに出席。古いしきたりを重んじる母親を演じた木村は「台本を読んで、私の役が重いって思いました。これは絶対に演じると苦しいなって。幸薄い役をたくさんやらせていただくのですが、毎回苦しいんです」と打ち明けた。 演じたのは、古いしきたりに縛られ、窮屈な生活を送る主人公・夢都子(貫地谷しほり)の母親役。「演じるには自分を削って苦しい時間を過ごさないといけないので、一歩踏み出すのにものすごく勇気がいる」とオファーを受けた当時の心境を語り、「でもいい本だし、しほりちゃんが娘だし、やってみようって覚悟を決めて臨みました」と振り返った。

この記事の画像

  • 映画『望郷』初日舞台あいさつに登壇した木村多江 (C)ORICON NewS inc.
  • 主演の貫地谷しほり (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)木村多江、貫地谷しほり、大東俊介、緒形直人、菊地健雄監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『望郷』初日舞台あいさつに登壇した大東駿介(C)ORICON NewS inc.
  • 映画『望郷』初日舞台あいさつに登壇した木村多江 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『望郷』初日舞台あいさつに登壇した緒形直人 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索