ドラマ&映画 カテゴリ

『真田丸』ヒロインに長澤まさみ 黒木華は大河ドラマ初出演

 来年1月スタートのNHK大河ドラマ『真田丸』の新たな出演者が10日、同局から発表された。俳優の堺雅人演じる主人公・真田信繁(通称:幸村)の生涯のパートナーであるヒロイン、きり役で長澤まさみの出演が決定した。『功名が辻』(2006年)、『天地人』(2009年)に続いて3度目の出演となる。

 同作は、SMAP・香取慎吾主演の『新選組!』(2004年)の三谷幸喜氏が12年ぶり2度目に手がける大河作品。戦国時代屈指の英雄として知られる人気武将・真田信繁の生涯を描く。

 きりは、真田家家臣・高梨内記の娘で、青春時代から大阪の陣まで、信繁の波乱の人生に側室として寄り添い続けた女性。その存在は史実に残されているが、名前は残っていなかったため、本作では「きり」と名づけた。

 真田の郷の地侍・堀田作兵衛の妹で、信繁の最初の子を産む梅(うめ)、信繁の姉・松(まつ)、祖母・とりの名前も同様にドラマオリジナル。梅役には大河ドラマ初出演の黒木華、松役には木村佳乃、とり役には草笛光子が配役された。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索