• ホーム
  • 映画
  • 関根勤監督、次回作にも意欲 可能性4%も「あきらめない」

関根勤監督、次回作にも意欲 可能性4%も「あきらめない」

 タレントの関根勤が23日、都内で行われた初監督作品の映画『騒音』の公開記念パーティーに出席。「ほとんど一発OKで明るい現場だった」と作品について振り返る関根だが、報道陣から「次回作の可能性は?」と問われると「結果が出ないと次はない。可能性は4%」とキッパリ。だが最後は「あきらめない」と前向きな姿勢を示した。

【写真】その他の写真を見る


 関根は「次回があったら結局コメディーを撮るんだと思う。俺はやっぱりコメディーが好きだし、コメディーしか撮れないと思う」と熱弁。構想について聞かれると「同じようなメンバーで、酒井さんには、ウミガメと恋してほしい」と笑わせた。

 同作は、2013年に還暦を迎えた関根が、芸能生活40周年でもある同年に“合わせて100年記念イヤー”として手がけた作品。物語は、家庭や職場で虐げられている中年男5人が、突如現れた謎の地底人と戦う姿を描く。

 パーティー前に行われた舞台あいさつでは、映画が公開されることに「お客さんとうまくやってくれるかなって感じが、幼稚園の入園式のような気持ちですね」と初作品への思いを口にしていた。



関連写真

  • 次回作にも前向きな姿勢を示した関根勤 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『騒音』の公開記念パーティーの模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 娘の関根麻里も出席した (C)ORICON NewS inc.
  • 乾杯の音頭をとる関根勤 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『騒音』の公開記念パーティーに出席した小堺一機 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『騒音』の公開記念パーティーの模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『騒音』の公開記念パーティーの模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『騒音』の公開記念パーティーに出席した小堺一機 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス