• ホーム
  • 映画
  • 映画ランキング、キモカワ亀忍者がふわぷにベイマックスに肉薄

映画ランキング、キモカワ亀忍者がふわぷにベイマックスに肉薄

 新作が続々と公開された2月7・8日の全国映画動員ランキング(興行通信社調べ)は、『ベイマックス』(8週目)が動員17万2040人(興行収入2億2706万4700円)で、6週連続で1位をキープした。2月8日までに累計動員620万人、累計興収79億円を突破し、80億円が目前となっている。同2位には、突然変異によって生まれた亀の忍者4人組の活躍を描く『ミュータント・タートルズ』が初登場。全国649スクリーンで公開され、土日2日間で16万8577人を動員、興収では『ベイマックス』を上回る2億5931万4200円で1位となった。

 『〜タートルズ』は、1990年代にゲームや映画で話題となった人気キャラクターたちが、『トランスフォーマー』シリーズのマイケル・ベイ製作の下、最新のVFXを駆使した超進化型3D映像のアクション大作として復活。悪の犯罪組織“フット軍団”が暗躍するニューヨークで、驚異的な身体能力を持ったタートルズが平和を守るべく活躍する姿を描く。同作は、全世界42ヶ国でのヒットを受け、続編の製作が決定している。

 3位には、ジョニー・デップ主演のアドベンチャー・コメディー『チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密』がランクイン。全国638スクリーンで6日に公開され、土日2日間で動員10万9854人、興収1億4444万1700円をあげた。同作でジョニーが扮するのは、ちょびヒゲがトレードマークの皮肉屋でちょっぴりドジなインチキ美術商。イギリスで盗まれた世界を揺るがす財宝の秘密が隠された名画を巡り、富豪やマフィア、国際テロ組織、警察などを巻き込んだ争奪戦が繰り広げられる。

 また、全国95スクリーンで公開された『Mr.Children REFLECTION』が8位に初登場。人気バンド・Mr.Childrenが2014年に開催したファンクラブ限定のライブハウスツアーの模様を収めたドキュメンタリー・フィルム。アーティストの楽曲制作やツアーを追ったドキュメンタリー作品の映画館興行は、ますます増加していきそうだ。



関連写真

  • 興行収入で『ベイマックス』を上回った『ミュータント・タートルズ』(2月7日より公開中)(C)2014 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
  • ジョニー・デップ主演作『チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密』(2月6日より公開中)(C)2014 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.
  • 2014年に開催されたファンクラブツアーのライブを完全収録した映画『Mr.Children REFLECTION』(2月7日より3週間限定公開)

オリコントピックス