• ホーム
  • デジタル
  • 『プリパラ』ユーザー登録数100万人達成 4月からゲーム・アニメは新展開

『プリパラ』ユーザー登録数100万人達成 4月からゲーム・アニメは新展開

 タカラトミーアーツの女児向けアミューズメントゲーム『プリパラ』のユーザー登録数が26日、100万人を越えた。昨年7月10日の稼働開始から半年あまり。同社では、当初、「半年間で50万人」と予測していたが、その200%のスピードで大台を突破した。日本の新生児数は約100万人なので、1年間に生まれる子ども全員、同ゲームのメインターゲットである6歳から9歳の女児で換算すると、2人に1人がユーザーという計算になる。

【写真】その他の写真を見る


 同ゲームは、カメラを搭載したプリンタ筐体(ゲームマシン)。ゲーム内に自分のアイドル「マイキャラ」を作り、ファッションコーデとリズムゲームを楽しみながらアイドルランクのアップを目指す(1プレイ100円)。

 誰でもアイドルになれるアイドルテーマパークという世界観と、ゲーム後に印刷されるチケット(プリチケ)が、自分用の「マイチケ」と友達と交換するための「トモチケ」にパキッと2つに分けられるようになっており、友達と一緒に遊ぶことができる仕組みが、小学生女児のハートをつかみ、加速度的に広まった。

 同タイトルのテレビアニメも昨年7月よりテレビ東京系6局+BSジャパンで放送中。4月からは新シリーズの継続放送が決定している。3月7日には『プリパラ』のキャラクターに加え、前シリーズ『プリティーリズム』の歴代メインキャラクターも登場する劇場版の公開も控える。

 4月からゲームもバージョンアップされ、アニメと同じ新ステージや新アイドルたちが登場するほか、現在の3人から最大5人のアイドルでチームを組むことができるようになり、プリチケに通常の2倍の大きさの「ドリームチケット」も登場する。



関連写真

  • 女児向けアミューズメントゲーム『プリパラ』ユーザー登録数が100万人を突破(C)T-ARTS/syn Sophia/テレビ東京/PP2製作委員会
  • テレビアニメ『プリパラ』新シーズンキービジュアル(C)T-ARTS/syn Sophia/テレビ東京/PP2製作委員会
  • テレビアニメ『プリパラ』新シーズンから登場する新キャラクター。左は天使系アイドル・みかん、右は悪魔系アイドル・あろま(C)T-ARTS/syn Sophia/テレビ東京/PP2製作委員会
  • 『劇場版プリパラ み〜んなあつまれ!プリズム☆ツアーズ』3月7日公開(C)(C)T-ARTS/syn Sophia/劇場版プリパラ
  • 4月からゲームがパワーアップ!(C)T-ARTS/syn Sophia/テレビ東京/PP2製作委員会
  • “100万人アイドル達成”を記念して純金でできた「純金99%ゴールドプリチケ」を制作。各種イベントや直営店の「PrismStoneショップ」などで展示予定(※制作中のため実際のものとは異なる)(C)T-ARTS/syn Sophia/テレビ東京/PP2製作委員会

オリコントピックス