アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 足立梨花、役作りで自虐「存在自体が失敗」

足立梨花、役作りで自虐「存在自体が失敗」

 女優の足立梨花(22)が14日、都内で行われたW主演映画『でーれーガールズ』の完成披露舞台あいさつに出席した。クラスでも目立つ美人の秋本武美を演じた足立は“でーれー”(岡山弁ですごい)失敗したことを聞かれ「映画でいうと、常に失敗してました。存在自体が失敗してると思います」とあっけらかんと自虐した。

【写真】その他の写真を見る


 同作では2013年に放送されたNHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』で、ライバル関係にあるアイドル同士を演じた足立と優希美青(15)がW主演かつ、親友役に挑戦。1980年、岡山のお嬢様学校で出会った高校生の恋と友情を現代と2つの時代を舞台に描く。

 武美になりきるため「いろんなことを想像して(撮影)初日を迎えたんですけどバッサリ、監督に切られまして…『そういう子じゃない』と言われちゃって。役作りに失敗したなって」と反省。大九明子監督(46)は「すぐに切り替えてくれたので、失敗は成功の元ですね」とフォローしていた。

 そろって役衣装であるひざ下丈のスカートの制服姿で登場した優希と足立。これまで優希とちゃんと話したことはなかったというが足立は「中学3年生と22歳で話が合うかなと不安だったんですけど、『名探偵コナン』が好きという共通点があって、一緒に話せる機会が増えたので」と打ち解けたことを明かしていた。

 舞台あいさつにはそのほか、安蘭けい(44)、白羽ゆり(36)、桃瀬美咲(21)、山根千佳(19)が登壇した。2月14日よりイオンシネマ岡山にて先行上映後、21日より全国公開。



関連写真

  • 役作りに失敗していたことを明かした足立梨花 (C)ORICON NewS inc.
  • W主演の優希美青
  • 出演者一同(左から)山根千佳、白羽ゆり、優希美青、足立梨花、安蘭けい、桃瀬美咲、大九明子監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 役衣装のセーラー服で登壇した優希美青=映画『でーれーガールズ』完成披露舞台あいさつ (C)ORICON NewS inc.
  • 役衣装のセーラー服で登壇した足立梨花=映画『でーれーガールズ』完成披露舞台あいさつ (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『でーれーガールズ』完成披露舞台あいさつに出席した足立梨花 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『でーれーガールズ』完成披露舞台あいさつに出席したW主演の(左から)優希美青、足立梨花 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『でーれーガールズ』完成披露舞台あいさつに出席した白羽ゆり (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『でーれーガールズ』完成披露舞台あいさつに出席した安蘭けい (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『でーれーガールズ』完成披露舞台あいさつに出席した山根千佳 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『でーれーガールズ』完成披露舞台あいさつの模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『でーれーガールズ』完成披露舞台あいさつに出席した桃瀬美咲 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス