• ホーム
  • 芸能
  • 【花燃ゆ】初回からビンタさく裂、熱演の子役「痛かったけど、ちゃんとできてよかった」

【花燃ゆ】初回からビンタさく裂、熱演の子役「痛かったけど、ちゃんとできてよかった」

 NHKの大河ドラマ『花燃ゆ』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)の初回が4日に放送され、ネット上で「井上真央に似ている」「演技がうまい」と評判だった主人公・杉文(すぎ・ふみ)の少女時代を演じた子役の山田萌々香(12)。叔父の玉木文之進にひっぱたかれり、吉田寅次郎(後の松陰)が好んだ孟子の一節を諳んじたり、熱演だった。特に文之進を演じる俳優・奥田瑛二(64)にたたかれたシーンはフェイクではなくリアル。「親にもたたかれたことがなかった」という山田は「痛かったんですが、ちゃんとできた。1回でOKが出てよかったです」と撮影時を振り返った。作品のために体を張る、立派に女優だ。

 たたいた方の奥田も、撮影時の複雑な心境をインタビューで明かしている。「リハーサルやテストではもちろん、本番もフェイクでやる予定でした。こんなにかわいい子をたたいちゃいけないでしょう(笑)。でも、現場で演出家が悩み始めて、萌々香ちゃんのお母さんやマネージャーさんと何やら相談しはじめて。あ、これはたたけってことか、と察しました。役者ですから、カチンコがなれば、思いっきりいってしまう習性もありますし、どうせたたくなら、本気で、一発で決めようと思いました」。

 山田は実際にたたかれることを承知の上で、本番に挑んだという。「わかっていたんですけど、衝撃的でした。奥田さんも真剣でしたし、たたかれた後、やさしく『大丈夫?』って言ってくれたので…」と、初めてのビンタは忘れられないものになったに違いない。

 奥田は「思いっきりたたいたらにらみ返してきて、その目に涙がみるみるあふれてきて、文の気持ちがよく出ていたと思います。それが唯一の救いでもあります。カットがかかった後、萌々香ちゃんが隅っこで泣いていたので、将来の大女優になるやもしれない子のトラウマにならないように、その後、笑顔を振りまいておりました」と話していた。

 そもそも松下村塾を開いたのは文之進で、武士としての志高く、教育にも熱心で若者たちにスパルタで接した。幼い寅次郎(演:板垣李光人)が文之進にはたかれながら、思考を深めていく場面も初回で描かれた。

 奥田は「私もすべて受け止めようと覚悟を決めました。文之進のスパルタは愛のむち。愛ある者にしか許されない行為だと肝に銘じて演じています。後に松陰と文が『すごい叔父貴だったけど、我々を思って鍛え上げてくれたんだ』と会話する場面があるのですが、そのひと言で文之進は救われるのだと思いました」と話していた。

 文之進は脱藩や密航未遂など不祥事を重ねる寅次郎をたびたび叱責するが、一方で彼の気骨を愛し、松下村塾を託す。維新後に松下村塾を再興させるが、萩の乱(1976年・明治6年に山口県萩で起こった明治政府に対する士族反乱)の直後に自刃するまで、この『花燃ゆ』でも描かれる予定だ。



関連写真

  • 1月4日に放送された大河ドラマ『花燃ゆ』第1回より。玉木文之進(奥田瑛二)に「誰から(禁書)を手に入れた」とたたかれても文(山田萌々香)は黙って告げ口しなかった(C)NHK
  • 萩に松下村塾を開き、幼い寅次郎(松陰)をスパルタ教育で厳しく指導する玉木文之進(C)NHK

オリコントピックス