アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 東尾理子、父の誇りは「死球の数」 修氏は落胆も「頑張った」

東尾理子、父の誇りは「死球の数」 修氏は落胆も「頑張った」

 野球解説者の東尾修氏と娘でプロゴルファーの東尾理子が19日、都内で映画『インターステラー』公開直前イベントに出席。修氏のすごいところを聞かれた理子は「デッドボールの数」と即答し「狙ったところに当てられる。私にとっての父の誇りです」と笑いを誘った。

【写真】その他の写真を見る


 与死球数が通算165個という日本記録を持っている修氏は、理子の答えに肩を落として「これは難しい話です。私にも責任はあるけれどバッターにも責任はある」と弁明。「外国人選手の乱闘も来ますけれど、我慢して頑張った」と苦笑していた。

 同作は、地球滅亡のカウントダウンが迫るなか、人類の存亡を懸け、愛する家族の未来を守るため、史上最大のミッションに挑む人間たちのドラマを描き出す。22日公開。

関連写真

  • 親子で登場した東尾修&東尾理子 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『インターステラー』公開直前イベントに出席した(左から)東尾修&東尾理子親子 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『インターステラー』公開直前イベントに出席した東尾理子 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『インターステラー』公開直前イベントに出席した東尾修 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス