アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • 鉄拳、憧れのディズニーとコラボしたパラパラ漫画がまた泣ける

鉄拳、憧れのディズニーとコラボしたパラパラ漫画がまた泣ける

 泣けるパラパラ漫画を次々と発表しているお笑い芸人・鉄拳と、『アナと雪の女王』のディズニー・アニメ映画の新作『ベイマックス』(12月20日公開)がコラボレーションした映像が公開された。同映画の日本版エンドソングを歌う歌手・AIの代表曲「Story(日本語版)」に乗せて、涙腺の崩壊は必至。今回も大きな反響を呼びそうだ。

 ディズニー作品のプロモーションに、スタジオ以外のクリエイターがオリジナルの映像を作ることは異例中の異例。依頼を受けた鉄拳も「憧れのディズニーだったので、信じられなかった」という。

 引き受けてからは「すぐ嫁にも自慢したりして、本当にうれしかった。その日は本当に寝られなかったです。ワクワクしちゃいました。ただその代りプレッシャーはすごかった」と振り返り、「普通だったら描かせてもらえないですよね。公認で描けるというこの幸せはほかの人には味わえないと思います。幸せでした」とかみしめた。

 「自分も社員になったような気持ち」で、ディズニーのスタッフと打ち合わせを重ね、1ヶ月間で1000枚以上というハイペースで作業。鉄拳の独特な絵のタッチと今回のキャラクターの相性は抜群で、特徴をしっかり掴んだ細かな心情描写で物語のテーマを見事に描き出している。
 
 主人公の少年ヒロは天才ゆえの孤独を抱え、そんなヒロを心配する兄タダシとの信頼関係を描きながら、やがて兄がヒロの前からいなくなってしまう悲しさも表現。そして、ふさぎ込むヒロの前に、兄が願いを託して作り上げたケア・ロボット、ベイマックスが現れる。鉄拳は「ベイマックスが、兄のタダシに代わってヒロを守る、大事にする気持ちが伝わればいいなと思って描きました」と気持ちを込めた。

 ドン・ホール、クリス・ウィリアムズ両監督も「あなたの絵を気に入りました。とてもキュートでかわいい。すごく魅力的で、ストーリーも素晴らしい。ありがとうございます!」と絶賛。珠玉の出来に、本国のフィルムメーカーたちも太鼓判を押している。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



オリコントピックス