アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 『お笑いバイアスロン』、リップサービスが優勝 昨年の雪辱果たす

『お笑いバイアスロン』、リップサービスが優勝 昨年の雪辱果たす

 漫才とコントの総合力で競う“お笑い頂上決戦”『お笑いバイアスロン2014』の決勝大会が8月30日、沖縄・那覇市内で行われ、昨年準優勝のリップサービスが雪辱を果たして2代目王者の座についた。

 リップサービスの榎森耕助と金城晋也は、「脱・善戦マン!」を誓って今大会に挑んだ。前半のコントで金城の“特徴がない”風貌を活かしたネタで3位につけ、得意の漫才で韻を踏むコックリさんネタで会場を沸かせ、逆転勝利をたぐり寄せた。

 優勝が決定した瞬間、二人は抱き合って喜び、榎森は「ずっと応援してくれていた方々には、(これまでの賞レースの結果で)がっかりさせて来ていたので、やっと、ちょっとは恩返しができたのかなと。本当にありがとうございます!今後もがんばっていきますのでよろしくお願いします!」とさらなる飛躍を誓っていた。

 前回大会に続いて審査員を務めた放送作家の高須光聖氏は「面白かった。後半の言葉遊びというかどんどん畳み掛けるところが素晴らしい。(前大会より)腕あげているというかノってきている感じがしました」と評価した。

 8組が渾身のネタをぶつけ合い、2位はベンビー、3位はありんくりんだった。高須氏は「お笑いって一つにくくられそうですけど、漫才とコントって全然違うんですよね。使う筋肉が違うし。最終的には自分たちの漫才をしっかりやったチーム・コンビ、あと稽古の量というのが今回の大会という気がしました」と総括した。

 今回、初めて審査員を務めた内村宏幸氏(NHK『LIFE!〜人生に捧げるコント〜』などを担当)は「沖縄にもすごい怪物たちがいるというのを東京に戻っていろんな人に伝えたいと思います。僕自身楽しみました」と話していた。大会の模様は琉球朝日放送で生中継された。



関連写真

  • 優勝が決まり拳を突き上げるリップサービスの榎森耕助(中央右)と金城晋也(中央左)(C)QAB
  • 優勝賞金は30万円(C)QAB
  • 決勝大会に出場した8組のファイナリスト(C)QAB

オリコントピックス