• ホーム
  • 映画
  • テレビ朝日、年間視聴率 初のゴールデン・プライム2冠

テレビ朝日、年間視聴率 初のゴールデン・プライム2冠

 テレビ朝日が2013年の年間視聴率(2012年12月31日〜2013年12月29日)で、開局以来初めて、年間視聴率においてゴールデン帯(後7:00〜10:00)で第1位となり、プライム帯(後7:00〜11:00)では2年連続1位となる2冠を達成したことが30日、わかった。また、同局独自の視聴率区分であるプライム2帯(後11:00〜深1:00)では9年連続1位を獲得した。視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区。プライム2は同局調べ。

 今年は、ドラマでは『相棒』(1月期『シーズン11』、最高20.7%、平均 17.7%、10月期『シーズン12』、最高19.7%、平均 17.1%)の高視聴率に始まり、木曜ドラマ枠で過去最高の視聴率となった『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(10月期、最高26.9%、平均23.0%)、『DOCTORS2 最強の名医』(7月期、最高21.7%、平均 18.3%)をはじめ多くのヒットドラマが人気を博し、今回の躍進の大きな牽引力となった。

 スポーツでは、『サッカーFIFAワールドカップアジア地区最終予選』『ワールドベースボールクラシック』『フィギュアスケートグランプリシリーズ』『プロ野球日本シリーズ 楽天×巨人』など多くの番組が高視聴率を記録した。

 報道系番組でも、ゴールデン・プライム帯への玄関口となる『スーパーJチャンネル』が平均9.0%(1月4日〜12月26日)の好成績を獲得し、『報道ステーション』(平均12.4%)とともにゴールデン・プライム帯全体のベースアップにつながった。

 バラエティ番組は、『お試しかっ!』『くりぃむクイズミラクル9』などレギュラー番組が安定した視聴率を獲得し、『夢対決2013とんねるずのスポーツ王は俺だ!』『そうだったのか!池上彰の学べるニュース 緊急生放送スペシャル』などスペシャル番組でも高視聴率を獲得していた。

◆テレビ朝日の2013年 年間視聴率
ゴールデン 12.1%(開局以来初の第1位)
プライム 12.3%(2年連続の第1位)
プライム2 8.2%(9年連続の第1位)
全日  7.8%(第2位)



オリコントピックス