• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 映画
  • HIRO最後の『Mステ』 タモリねぎらう「お疲れ様でした」

HIRO最後の『Mステ』 タモリねぎらう「お疲れ様でした」

 人気グループ・EXILEのリーダーで、年内でパフォーマーを勇退するHIROが、27日に放送された年末恒例のテレビ朝日系『ミュージックステーション スーパーライブ2013』に出演した。最後の『Mステ』となり、司会のタモリから「お疲れ様でした、長い間」とねぎらわれるとHIROは「最高に楽しかったです」と晴れやかな笑みを浮かべた。

 ZOO時代から同番組に出演してきたHIROは「あんまり最後の気はしない」としながらも「たくさんの思い出があるので、楽しませていただきます。20年前くらいからこの番組にはお世話になってますね」と感慨深げ。ボーカルのATSUSHIは「きょうは目に焼き付けたい」と、サングラス越しでHIROに熱い視線を送った。

 この日のステージでは「EXILE PRIDE 〜こんな世界を愛するため〜」や「Choo Choo TRAIN」、「Rising sun」をメドレーで披露。同グループ弟分の三代目 J Soul Brothersと妹分のE-girlsもパフォーマンスに加わり、会場全体を盛り上げた。

 また、大トリとして、GLAYとEXILEによるコラボユニット「GLAY×EXILE」も一夜限定復活し、2005年に発売したGLAY×EXILE名義のシングル「SCREAM」を披露。当時と異なり、EXILEのメンバーは6人から14人に増え、総勢18人での大迫力のライブステージで魅了し、会場を沸かせた。

 『Mステ』で8年ぶりのコラボを実現させたGLAYのTAKUROは「きょうの『Mステ』でHIROさんとのコラボが最後になると思うと寂しいけど、これからもEXILEがもっともっとかっこよくなることを期待しています」とエール。2006年9月に加入したボーカル・TAKAHIROにとっては、テレビで同楽曲初歌唱となり「緊張していますけど、最高の思い出を作りたい」と気を引き締め、ステージに臨んだ。

 『Mステ』最後のステージを終えたHIROは、場内に沸く声援と惜しみない拍手を一身に浴び、満面の笑顔を浮かべて応えていた。

オリコントピックス