アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 音楽プロデューサー・亀田誠治が手の内を明かす “ヒットソング”の作り方

音楽プロデューサー・亀田誠治が手の内を明かす “ヒットソング”の作り方

 NHK Eテレで10月3日スタートの新番組『亀田音楽専門学校』(毎週木曜 後11:25、全12回)の収録が25日、東京・渋谷の同局で行われ、“校長”を務める音楽プロデューサーの亀田誠治氏と、ゲスト講師として初回から2週連続出演するシンガー・ソングライターのアンジェラ・アキが、収録の合間に取材に応じた。

【写真】その他の写真を見る


 亀田氏は、椎名林檎、平井堅、スピッツなどのプロデュースを手がける、音楽プロデューサー兼プレーヤー。番組は、J-POPのヒット曲の数々に隠された、より多くの人の心を捉える曲作りのテクニックやエッセンス、“ヒットソングの方程式”をわかりやすく解説していく教養番組。

 ちなみに亀田校長が考えるJ-POPとは、「JRとか、J-WAVEとか、Jがつき始めた時代が25年くらい前にあって、その頃からJ-POPという呼ばれ方をするようになってきていますが、ロックも演歌も歌謡曲もアイドルも含む、日本人が日本から発信している音楽はすべてJ-POP」。

 アンジェラが出演する第1回ではイントロに隠されたJ-POPの魅力を探り、第2回(10月10日放送)は「転調」テクニックについてわかりやすく解説する。アンジェラが「デビュー前にこういう番組に出会いたかった。ある種の企業秘密が盛りだくさん」と興奮するほどで、亀田氏は「僕らがプロとして明かしてはいけない手の内をギリギリのところまで明かします」と意気込む。

 亀田氏が、時に企業秘密を明かしてでも伝えたいのは、J-POPという音楽の魅力。「アーティストやスタッフとの出会いにも恵まれ、J-POPの素晴らしさを提示し、作品としても残してきた。そろそろ、それを音楽に頼らず言葉にして楽しさ、素晴らしさを伝えていきたいと思いました」と語り、この番組も亀田氏がさまざまプロジェクトで展開している「恩返し」の一環。

 この番組を観れば、ヒット曲が作れるの!? 亀田氏は「音楽の方程式を活用するにはコツがいるんですね。方程式通りに作ると、非常につまらない音楽になる。まずは感覚。水が流れるが如く感覚に従って曲を作っていくと不思議なことに方程式に当てはまっていくんです」と、個人の感覚の大切さも訴えていた。



関連写真

  • 音楽プロデューサー・亀田誠治がヒット曲の作り方を明かす (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)亀田誠治、アンジェラ・アキ (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)亀田誠治、アンジェラ・アキ (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)亀田誠治、アンジェラ・アキ (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)亀田誠治、アンジェラ・アキ (C)ORICON NewS inc.
タグ

オリコントピックス

役立つ!使える!おすすめ情報満載♪ 春の新生活「応援」特集 2019