• ホーム
  • 映画
  • 松本潤、“鈍感男子”役に歓喜「キターーー」

松本潤、“鈍感男子”役に歓喜「キターーー」

 人気グループ・松本潤上野樹里三木孝浩監督が29日、都内で行われた映画『陽だまりの彼女』(10月12日公開)完成披露イベントに出席。同作で優しいけれど鈍い“鈍感男子”を演じた松本は、三木監督から「イケてない役だけれど、『えっ』って思わなかったの?」と聞かれると、「今までそういう役をやっていなかったので、スタッフの人に僕をイメージしてもらえてうれしかった。キターーーって」と笑顔で歓喜した。

【写真】その他の写真を見る


 三木監督は「いつもツンデレで強気な役とかやっているけれど、テレビでふとした瞬間の自然な笑顔とか、ゲストに見せる気遣いとか。そういうところをファンの人が見たいんじゃないかと思っていた」と起用理由を説明。ファンから拍手が起こると、松本は監督に対し「ありがとうございます」と頭を下げて感謝していた。

 続けて、三木監督が上野の起用理由について「今まで樹里ちゃんの美しさを前面に押し出した映画がなかった。ビューティーな上野樹里を描きたかったので」と語ると、上野は「ハードル上げないでくださいよ」と照れ笑いしていた。

 同作は、35万部を突破した越谷オサム氏の同名小説を実写化したラブストーリー。新人営業マンの浩介(松本)が、不思議な秘密を抱えた真緒と10年ぶりに再会し、恋に落ちることから始まる奇跡を描く感動作となっている。



関連写真

  • 松本潤の相手役を務める上野樹里 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『陽だまりの彼女』完成披露イベントに出席した三木孝浩監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『陽だまりの彼女』完成披露イベントに出席した上野樹里 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『陽だまりの彼女』完成披露イベントに出席した上野樹里 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス