ドラマ&映画 カテゴリ

山本太郎、衆院選落選後初の公の場 参院選出馬は「何も考えてない」

 俳優の山本太郎が20日、都内で行われた主演映画『秘愛』の初日舞台あいさつに登壇した。

 昨年12月の衆院選で東京8区から無所属で出馬し落選した山本は、同選挙後初めて公の場に登場。夏の参院選への出馬は「具体的には何も考えてない」としたものの、すでに政党から声をかけられているといい「客寄せパンダは一つでも多いほうがいいというのが政治家さんの考え方なので…」と皮肉まじりに話した。

 昨年1年間を「激動の1年。ほとんど、細かく覚えてない」という山本は、昨夏に行われた今作の撮影を振り返り「自分の本職、現場に入れる喜び。“ああ、こんな幸せなことしてたのか”って思いましたね。なんて恵まれた環境にいたんだろうって…」と本業のやりがいをかみしめていた。

 東日本大震災後、原発問題について歯に衣着せぬ発言を連発してきた山本は、今後のメディア露出について「テレビはまず無理でしょ。残された分野としては映画と舞台だけど、スポンサーがあるから難しいって聞きます」と赤裸々に告白。「今は仕事が探しにくい。“山本太郎”ってワードが出ると渋られる…」とぼやき、この日も「2012年8月以降仕事してなかった。スケジュールは大御所ですね」と笑いに変えていた。

関連写真

  • 主演映画『秘愛』の初日舞台あいさつに登壇した山本太郎 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『秘愛』の初日舞台あいさつ(左から)淵上泰史、丸尾歩、山本太郎、福間文香、野口照夫監督

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索