ドラマ&映画 カテゴリ

NHK名古屋、「女子力」に期待 新キャスター発表

 NHK名古屋放送局制作番組のキャスター発表会見が7日、同局のスタジオで行われた。新番組『夕刊 ゴジらじ』(ラジオ第1)を担当するのは神門光太朗アナウンサーと石垣真帆キャスター。会見には山本志保アナ、契約アナの黒崎瞳キャスター、フリーの竹村りゑキャスターのほか、継続して番組を担当するアナウンサーが顔をそろえた。

 名古屋赴任2回目の山本アナ(1991年入局)の加入で、同局の女性アナウンサーは4人体制となり、お互い切磋琢磨することを誓って「女子力」をアピール。山本アナは昼前の情報番組『東海北陸フレッシュ便 さらさらサラダ』、広報情報番組『東海ピックアップ』を担当する。「転勤する際に、東京の上司から『名古屋はベストコンディション』という言葉をもらったとおり、心強い限り。皆さんにも体感していただけるようにしたい」と抱負を語った。

 池田伸子アナ(2009年入局)は、お笑いコンビ・アンジャッシュとコンビを組む仕事応援バラエティー『Good Job!会社の星』と、本格ライブ番組『Uta−Tube』を担当。「仕事や私生活のこと、何でも先輩に相談できるのは心強い。若さを全面に出して元気に伝えたい」と意気込んだ。

 昨年から『ウイークエンド中部』を担当している柘植恵水アナ(1995年入局)は「アナウンス室(東京)では年齢が上がってきたなと思ったが、名古屋に来たら下から2番目でまだまだ若いと思った(笑)。大好きな先輩に囲まれて、先輩と後輩の間でぬくぬくとやっていきたい」。

 昨年度17年ぶりに名古屋放送局に赴任し、中部7県の自然や文化、歴史や暮らしを伝える情報番組『金とく』を担当する黒崎めぐみアナ(1991年入局)は「いろんな世代の仲間が一緒に仕事しているが、池田アナが頼りになる時もあったりして年次は関係ない。昨年、柘植アナ、池田アナと3人でトークイベントを実施したが、山本アナが入るとさらに楽しいトークになりそう」と、新しい仲間を歓迎した。

 『夕刊 ゴジらじ』(月〜金曜 後5:00/東海3県)は、その日のニュースや出来事を、わかりやすく、深く、楽しく、各地とネットワークも結んで伝えていく総合情報番組。石垣キャスターは会社員からNHKの契約キャスターに2003年に転身し、高知、大阪、さいたまを経て、「東海地方に来るのが楽しみだった。名古屋は日本の真ん中に位置しどこでも行ける。三重県では伊勢神宮の式年遷宮もあるし、ワクワクした気持ちを神門アナとお伝えしたい」と、新天地の期待を語った。

関連写真

  • 平成25年度NHK名古屋放送局のキャスターが勢ぞろい。(後列左から)植木奈緒子・浅井僚馬・横井健吉・柘植恵水・竹村りゑ・池田伸子(前列左から)石垣真帆・神門光太朗・さやか結・山本志保・黒崎めぐみ・望月啓太・黒崎瞳・寺尾直樹(C)NHK
  • NHK名古屋放送局の女性アナウンサー(黒崎めぐみ・山本志保・柘植恵水・池田伸子)(C)NHK
  • ラジオ第1(東海3県)の新番組『夕刊 ゴジらじ』を担当する(左から)石垣真帆キャスター・神門光太朗アナウンサー(C)NHK

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索