アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 内野聖陽、『JIN』スタッフと再タッグで連ドラ主演 初共演の佐藤健と親子役

内野聖陽、『JIN』スタッフと再タッグで連ドラ主演 初共演の佐藤健と親子役

 俳優の内野聖陽が、来年1月スタートのTBS系連続ドラマ『とんび』(日曜 後9:00)に主演することがわかった。連ドラ出演は2011年4月期放送の同局系『JIN ‐仁‐完結編』以来で、同局での主演は今回が初。高視聴率で社会現象にもなった『JIN』のスタッフが再結集し、究極の家族愛の物語を描く。内野は「今作は、昭和に生きた父親像が、平成の時代にどれだけ力強く何かを投げかけられるかが、勝負。今の時代の雰囲気に擦り寄らず、徹底的に本気度丸出しで演じます」と気合十分だ。

 原作は直木賞作家・重松清氏の同名ベストセラー。妻を失った父親が不器用ながらも男手ひとつで息子を育てる、親子の絆を描いた物語。今回、内野が演じる市川安男・通称ヤスは、天下無敵の“バカ”な男。勉強が苦手な“バカ”、不器用でカッとすればすぐ手が出てしまう“バカ”、そして、ものすごい“親バカ”。そんな役どころについて、内野は「“バカ”であることって一体なんなんだろうと、自分の中のバカさ加減も含めて、それを評価してやろうと(笑)。“バカ”であることは、実はとても人間的で、なんて魅力的なんだろうと、みなさんに思っていただけるような存在になるよう頑張っています」と語る。

 16歳からの息子・旭役には、映画『るろうに剣心』のヒットも記憶に新しい佐藤健が務める。佐藤も2011年1月期の同局系『冬のサクラ』以来2年ぶりの連ドラ出演。内野とは初共演となるが、「本当に楽しみでなりません。初めてお会いした時の本読みでのお芝居が、不器用だけど真っ直ぐな父親像そのもので圧倒されました。今年の冬、日本中で一番愛される親子になれたらと思います」と意気込んでいる。

 安男の妻・美佐子役には、11年ぶりの連ドラ出演となる常盤貴子が出演。同局の連ドラは2000年1月期の『ビューティフルライフ』以来13年ぶりとなる。内野とは今年正月放送の新春ワイド時代劇『忠臣蔵〜その義その愛』(テレビ東京)でも夫婦役を演じた。常盤は「今の時代にあまりない温かさというか、昭和の光輝いた時代のエネルギーに満ち溢れているドラマだなとすごく感じました。観て頂く方にもそんな温かさが伝わって、きっと元気になれるドラマなのではと思います」と期待を寄せた。市川家をとりまく共演者にも、吹石一恵加藤貴子野村宏伸麻生祐未柄本明ら演技派が顔をそろえる。

 同作のスタッフには、『世界の中心で愛をさけぶ』(2004年)、『JIN』(2010年、2011年)を手がけた石丸彰彦プロデューサー、平川雄一朗監督、脚本家の森下佳子氏の3人が再結集。満を持して内野版『とんび』に臨む。



関連写真

  • 来年1月スタートのTBS日曜劇場『とんび』の主要キャスト(上段左から常盤貴子、内野聖陽、佐藤健、下段左から柄本明、野村宏伸、吹石一恵、加藤貴子、麻生祐未 (C)TBS
  • 来年1月スタートの日曜劇場『とんび』家族3人幸せな頃のワンカット(C)TBS
タグ

オリコントピックス