アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 宮根誠司、『おは朝』リポーターでレギュラー復帰を目指す!?

宮根誠司、『おは朝』リポーターでレギュラー復帰を目指す!?

 フリーキャスターの宮根誠司が11月10日に生放送されるABCの特番『おはよう朝日 1万回です』(後2:00〜4:25、関西ローカル)で、「わがままツアー」のリポーターとして再登場する。久しぶりのロケを堪能した宮根は「この不景気の折にやるのは、大いに意味があると思うので、このコーナーは『おは朝』で定期的に復活させたいなと思います。そこで僕ももう1回、リポーターから頑張っていきたい」と言い出し、本気か冗談か「リポーターから再レギュラー復活を目指します!」と宣言した。

【写真】その他の写真を見る


 『おはよう朝日です』(月〜金 前6:45)&『おはよう朝日 土曜日です』(土 前6:30)は1979年4月2日にスタートし、この夏に放送1万回を迎えた。宮根は「既に“関西の文化遺産”。これからも2万回、3万回と続けばいいですね。ここから巣立っていった方も多いですし、あらためて歴史を感じます」と感慨深げ。

 同局アナウンサーだった1999年4月から、2004年3月末に退社後も、2010年3月まで20年にわたり同番組の司会を務め、思い出も数限りないという。「『おは朝』は僕にとって、すべてです。おしゃべりや司会のすべてを教えてもらった。『おは朝』の自由自在というか、ある意味いい加減というか、そういうところが、僕がいま仕事をさせていただいている原点であり、根本であり、基礎なんです」と思い入れたっぷりに語る。

 放送1万回を記念したスペシャル番組では、宮根が立ち上げた名物企画「わがままツアー」が復活。東京スカイツリーをはじめとする新しい東京と、柴又や築地、アメ横など従来の人気観光スポットを巡り、新旧の東京を楽しむ「東京おのぼりツアー」をVTRで紹介する。

 宮根は「新しい東京と同時に江戸情緒も楽しんでいただける東京再発見の旅になっています。それから、僕も週末、東京に来ているので、僕が『ここ、おもしろいで』と聞いたところや、芸能人のお店などの、東京ならではのスポットも取り上げています」とその内容に自信をのぞかせる。

 ほかにも過去の名場面をプレイバックや名物企画の復活、出演者による出張サプライズ・プレゼントなど、1万回の歴史を振り返る懐かしさばかりにとどまらない企画のオンパレードとなる予定。宮根は「『おは朝』は、もはや親子三代で楽しんでいただける番組になったので、ぜひ、親子三代で観ていただければと思います」とPRしていた。



関連写真

  • 11月10日放送のスペシャル番組『おはよう朝日 1万回です』に元司会者の宮根誠司が登場。人気コーナー「わがままツアー」も復活し、新旧の東京を楽しむツアーを紹介する。左は日本旅行のツアーコンダクター、平田進也さん (C)ABC
  • 左から喜多ゆかりアナウンサー、宮根誠司、浦川泰幸アナウンサー(C)ABC
  • 11月10日放送のスペシャル番組『おはよう朝日 1万回です』で「わがままツアー」が復活! 新しい東京都江戸情緒たっぷりの名所がつまった超お得な東京の旅をプロデュースする。映画『男はつらいよ』シリーズの寅さんのふるさと柴又を訪れた宮根誠司(右)と日本旅行の平田進也さん(C)ABC
  • 11月10日放送のスペシャル番組『おはよう朝日 1万回です』で「わがままツアー」が復活! 新しい東京都江戸情緒たっぷりの名所がつまった超お得な東京の旅をプロデュースする。映画『男はつらいよ』シリーズの寅さんのふるさと柴又を訪れた宮根誠司(右)と日本旅行の平田進也さん(C)ABC
  • 『おはよう朝日』の現レギュラー(左から)朝おき太、浦川泰幸アナウンサー、喜多ゆかりアナウンサー(C)ABC

オリコントピックス