ドラマ&映画 カテゴリ

“笑って泣けるドラマ”で視聴者の心に残る作品づくり 『ゴーストママ捜査線〜』

『ごくせん』でコメディエンヌとしての仲間由紀恵の魅力を引き出した加藤正俊プロデューサーは、「仲間さんの30代の代表作を作りたい」という思いから『ゴーストママ捜査線〜僕とママの不思議な100日』を手掛けたという。加藤氏がドラマ制作で心掛けるのは“チーム力”。スタッフも出演者も一丸となった作品は、「画面を通して表れる」と語る。

初回視聴率が15.2%と好スタートを切った『ゴーストママ捜査線〜僕とママの不思議な100日』。日本テレビの人...

この記事の画像

  • ドラマ『ゴーストママ捜査線〜僕とママの不思議な100日』(日本テレビ系)
  • 日本テレビ放送網 制作局 プロデューサー 加藤正俊氏

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索