アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 瑛太、熱烈オファーで射止めた“爆弾魔”役に手応え「原点回帰を求められた」

瑛太、熱烈オファーで射止めた“爆弾魔”役に手応え「原点回帰を求められた」

 俳優・瑛太が出演を“熱望”した豊田利晃監督の映画『モンスターズクラブ』(4月21日公開)。全米を震撼させた爆弾魔ユナボマーを基にした物語で、瑛太は山小屋にこもって世界への“メッセージ”を発信するために爆弾を送り続ける孤独な主人公を演じる。豊田監督の『青い春』(2001年)でスクリーンデビューし、今回4度目のタッグで初主演をつかんだ瑛太。豊田作品の根底にある“怒りの魅力”、そして手応えを二人がORICON STYLEに語った。

【写真】その他の写真を見る


 今やドラマにCM、映画と引っ張りだこの瑛太が、出演を直談判した今作。もともとは別の役者の名前も挙がっていたが、話を聞きつけた瑛太が「どんな役でもいいから、とにかく出たい」とラブコール、豊田監督もそれを受け止めた。甘いラブストリーもなければ、派手なアクションもなく、天才的な頭脳を持ちながらも山小屋にこもって18年もの間、全米を恐怖に陥れた爆弾魔の実話に基づき、孤独と失望を見つめ、「生きる」意味を問う衝撃作といえる。

 映画デビューから丸10年を経て、主演として瑛太を迎えた豊田監督は「光るものはありましたよ」と当時を振り返る。「世間が持つ瑛太のイメージは明るい好青年。でも僕が知ってる瑛太はストイックで暗い。その内向的な面を見せたかった」という。完成作品を観て「彼で良かったと思うし、お客さんへの“いい裏切り”も生まれた気がします」と、その成長ぶりに喜びをかみしめているように見える。

 この10年で変化はあった。瑛太に対し、豊田監督は「名前は“EITA→瑛太”に変わりましたね」と笑いつつ、「変わらないところは『常に変わろう』としているところ。変化を求めている」と真剣な表情を一瞬見せる。変わった点は「ウーロンハイを濃い目で頼むとき、変わったなって。ワハハッ」。まるで身内のことを聞かれて照れてしまう、父親のような口ぶりだ。

 隣で聞いていた瑛太も「ひどいですね〜」と頭をかいて苦笑い。豊田監督の変わらないところを「何かに怒っているところ。監督が自分自身に向けているのか、社会なのかわからないけど、何かに怒っている」と分析し、豊田作品について「映画全体を観終わった後、どこかに灰汁(あく)が残る感じ」。続けて「作品で全てを語ることはなくて、だから観た側の心に引っかかるものがあって、その先を想像させられる…どの作品もそれを強く感じます」と愛情を込める。

 一人の男が抱えた重厚な孤独と混沌を描いた同作について「自身の心の中にある何だかよく分からないものを、そのままにさせてはくれない。明確に見つめるべきなんじゃないか? という問いかけもあった」と瑛太。「今までとは違った視点で自分を見つめるという“原点回帰”を求められる作品でした」と手応えも確かに、普段は多くを語らない瑛太が、監督の隣では珍しく饒舌だった。

 瑛太のことは少し茶化しながらも、瑛太が話し始めると静かにほほ笑みながら頷く豊田監督。「この先も瑛太は仕事仲間です。役者と飲んだりはするけど、一線は越えられない。現場で向き合うんだから、緊張感がなくなるとダメになる。役者とは本当の友達にはなれないし、そうなる時はきっと監督を辞めた時かな」と言い切るが、そこには一人の監督が一人の役者の成長を見守り、尊敬し続け、また役者も心から監督を敬愛する姿があった。

 主人公・垣内良一(瑛太)の兄役に窪塚洋介、弟役にはRIZEのベーシスト・KenKenが映画初出演。そして良一の心の“何か”をあらわすのは、芸術家として海外からも高い評価を得て、ドキュメンタリー映画も公開されたピュ〜ぴるが、作品をより深いものにしている。映画『モンスターズクラブ』は4月21日より東京・渋谷ユーロスペース他で公開。

>>写真一覧 映画『モンスターズクラブ』

>>予告編 映画『モンスターズクラブ』


オリコントピックス