ドラマ&映画 カテゴリ

昨年7月に実写ドラマ化され、今月4日に公開を控える映画『荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE』の公開記念イベントが1月31日、都内ライブハウスで行われた。試写上演後には主題歌「涙のスターダスト・トレイン」を歌うロックバンド・ザ50回転ズがサプライズでミニライブを行い、劇中でラストサムライを演じた俳優・駿河太郎、メガホンを執った飯塚健監督とともに撮影秘話などのトークで会場を盛り上げた。 もともとザ50回転ズのデビューからのファンだったという飯塚監督は、撮影初期の頃から駿河はじめ共演の山田孝之らに彼らの楽曲を聴かせて啓蒙していたといい、それが功を奏したのか見事主題歌に決定。駿河は「監督が『こういうのが主題歌だったらいいのに』って言ってたのを知っているから、映画の主題歌に決まったと聞いて監督やりよったなって思ったんです」と秘話を明かした。

この記事の画像

  • 駿河太郎(左)、飯塚健監督(中央)、ザ50回転ズ(左から2番目と右2人) (C)ORICON DD inc.
  • 裏側を語る飯塚健監督 (C)ORICON DD inc.
  • 主題歌を披露したザ50回転ズ (C)ORICON DD inc.
  • ザ50回転ズが主題歌披露 (C)ORICON DD inc.
  • 映画『荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE』の公開記念イベントでミニライブを行ったザ50回転ズ (C)ORICON DD inc.
  • 映画『荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE』の公開記念イベントに登場した駿河太郎(左)、飯塚健監督(中央)、ザ50回転ズ(左から2番目と右端2人) (C)ORICON DD inc.
  • 映画『荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE』の公開記念イベントに登場したザ50回転ズ (C)ORICON DD inc.

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索