ドラマ&映画 カテゴリ

山本太郎、テレビで“脱原発”を訴える「日本政府がやっていることは非人道的」

 「脱原発」を訴えて活動を続ける俳優の山本太郎が、年末の特別番組『ビートたけしのガチバトル2011』(28日放送 後9:00 MBS・TBS系)に出演する。テレビではこれまで、同問題について十分に語る機会がなかった山本は、最近訪れたというチェルノブイリの現状について語り、「日本政府がやっていることがどれだけ非人道的か。これは命の問題」と改めて原発の危険性を訴える。

 同番組は、タレントのビートたけしが一年を振り返り、“今年の大論点”について論客達がトークバトルを繰り広げる企画の第3弾。今回、3つ設けたテーマのうち、2つは“原発”に関するもので、パネリストの一人として山本が出演することについて、たけしは「山本太郎ちゃんは民意の代弁者。一般の人の代弁者として熱く語ってもらおうと思った」と歓迎した。

 今年を振り返る上で避けて通ることはできない、東日本大震災と福島第一原子力発電所の事故。番組では「放射能汚染は深刻か?」「日本に原発は必要なのか?」に論点を分けて、それぞれ真逆の主張を持った論客達が激論を戦わせる。スタジオの客席には福島県で農業・漁業を営む人たちを招き、まさに被害の渦中にある人々の意見も聞く。3つ目のテーマは「日本は経済破綻するのか?」で、破綻派と安泰派が1000兆円近い国の借金や消費税の増税の必要性について討論する。

関連写真

  • 山本太郎がテレビで“原発”問題について語る (C)MBS・TBS
  • “今年の大論点”について論客達がトークバトルを繰り広げる年末の特別番組『ビートたけしのガチバトル2011』はTBS系で28日午後9時より放送 (C)MBS・TBS

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索