アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 生瀬勝久、単独初主演最新作『スープ』であの世をさまよう父親役を熱演

生瀬勝久、単独初主演最新作『スープ』であの世をさまよう父親役を熱演

 『ごくせん』『TRICK』『サラリーマンNEO』などで強烈なキャラクターを演じた個性派俳優・生瀬勝久が、単独初主演となる映画『スープ』(大塚祐吉監督、2012年初夏公開)であの世をさまよう父親役を熱演する。同作は、突然の事故で死んでしまった父親と現世に残した愛娘の家族の絆をテーマにした感動のヒューマンドラマ。生瀬は撮影を振り返り「2011年の夏、私はこの映画の中で死にました、娘を残して…。辛かった、とても…。でも、この映画のような世界があれば…。私はきっと報われる。ぜひ、ご覧下さい」とコメントを寄せた。

 職場で疎まれ、妻には逃げられ、愛娘にも愛想を尽かされる、いわゆるダメな中年親父・渋谷健一(生瀬)は、たまたま居合わせた気の強い年下の上司、綾瀬由美(小西真奈美)とともに事故に巻き込まれて死んでしまう。あの世に行った渋谷は、娘に手をあげてしまったことを悔やんでばかりいた。そんな中、記憶を持ったまま生まれ変われる方法があると聞きつけ、渋谷は娘に想いを伝えるため、ある決意をする。

 いつもと変わらぬ日常の中、突如あの世へ旅立った由美を演じた小西は、作品を俯瞰して「死生観という重みのあるテーマを題材にしていながら、死の世界を特別なファンタジーみたいなものとして描くのではなく、笑いがあったり、悩んで開き直ってみたりと、それがすごく新しいと感じたし、リアルにも感じました。また、孤独や希望だけでなく、無力感、無気力感、なんとなく生きている、失わないと本当に大切な物に気づけない。など、普遍的な感情と、現代ならではの感情を両方描いている作品だと思いました」と話していた。

【動画】新作続々!映画予告編⇒


◆映画情報 最新映画ニュース一覧インタビュー バックナンバー




関連写真

  • 個性派俳優・生瀬勝久が主演する映画『スープ』2012年初夏公開決定  
  • 共演の小西真奈美

オリコントピックス