ドラマ&映画 カテゴリ

特撮ヒーロー“宇宙刑事ギャバン”が復活 海賊戦隊と映画でタッグ

 毎年1月の恒例となった東映の戦隊ヒーロー映画「VS(バーサス)シリーズ」。テレビ放送中の現役スーパー戦隊と前年度のスーパー戦隊が激突する、2大ヒーロー競演が見どころの「VSシリーズ」の最新作で、80年代を代表する伝説のヒーロー「宇宙刑事ギャバン」が復活することがわかった。

 仮面ライダー、スーパー戦隊に次ぐ、第3の特撮番組として、1982年にスタートした“メタルヒーロー”シリーズの第1弾作品『宇宙刑事ギャバン』。メタリックな装甲で覆ったコンバットスーツ(戦闘強化服)が電飾によって銀色に輝く斬新なビジュアルは、それまでのヒーロー像を一変させ、レーザーブレードなどSFマインドあふれる武器や宇宙を舞台にした近未来的な世界観が、多くの子供から熱烈な支持を受けた。

 テレビ朝日系で金曜日のゴールデンタイムに放送された同番組(1982年3月5日〜1983年2月25日、全44回)の平均視聴率は14.9%、最終回は最高視聴率18.6%を記録。『ギャバン』の後、『シャリバン』『シャイダー』とメタルヒーローシリーズは続き、『宇宙刑事シリーズ三部作』として80年代に足跡を残した。80年代に世界的にヒットした米映画のヒーロー、ロボコップは『ギャバン』がデザインソースとなっている。

 『宇宙刑事』シリーズ誕生から30年を迎える2012年。スーパー戦隊シリーズ35作の記念作として放映中の『海賊戦隊ゴーカイジャー』と『ギャバン』がシリーズの枠を超え、“宇宙”を舞台に奇跡のコラボレーションで“敵”に立ち向かう。

 出演は、小澤亮太(キャプテン・マーベラス/ゴーカイレッド)、山田裕貴(ジョー・ギブケン/ゴーカイレッド)、市道真央(ルカ・ミルフィ/ゴーカイイエロー)、清水一希(ドン・ドッゴイヤー/ゴーカイグリーン)、小池唯(アイム・ド・ファミーユ/ゴーカイピンク)、池田純矢(伊狩鎧/ゴーカイシルバー)、大葉健二(ギャバン/一条寺烈)ほか。

 『海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン』は2012年1月21日(土)より全国で公開される。

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索