ドラマ&映画 カテゴリ

長澤まさみ、衝撃のモテ技「ドロン!」披露で男性陣魅了

 俳優の森山未來長澤まさみらが23日、都内で行われた映画『モテキ』(大根仁監督)初日舞台あいさつに登壇した。監督からモテ技の公開&伝授をせがまれた長澤は「私、ここでドロンします!」と忍者ポーズを披露。ポカンとする観客に「『え〜』(という反応)が欲しかった」と茶目っ気たっぷりに仕切り直しをおねだりし、赤面しながらも「シュシュシュッ!」と手裏剣を投げる格好も決め、森山や男性客の視線を釘付けにした。

【写真】その他の写真を見る


 原作漫画のラストから1年後を描いたオリジナルストーリーの同作は、主人公・藤本幸世(森山)が人生2度目のモテキを迎え、長澤を筆頭に麻生久美子仲里依紗真木よう子演じるヒロインたちの間で翻弄される様子を描く。ドラマに続いて主演を務めた森山は「ドラマから2年間ずっとやってきて、麻生さんにも心配してもらうくらい暗かった。悶々としながらやってきた。楽しかったけど、僕の目の前には(幸世が)現れないで欲しいですね」とダメ男・藤本役からの解放に安堵の笑みを浮かべた。

 作中で“殺しの笑顔を持つ女”みゆきを演じた長澤だが、舞台あいさつでもその笑顔は健在。真木が「まさみちゃんに会った時、これは男なら落ちるな〜って思った。笑い方が違う。殺しの笑顔です、まさに」と語ると、麻生も「まさみちゃんとは普段から友達だけど、笑顔に特別感がある」と絶賛。仲も「笑顔とか、ポジティブな子と一緒にいると楽しいですよね」と同調した。

 女性キャストからも“モテぶり”を絶賛された長澤は恐縮しきり。今や死語ともオヤジギャグとも言われる“ドロン”を引用したモテ技についても「これ、ネタですよ。ギャグです」と顔を赤らめながら釈明していた。

関連写真

  • 映画『モテキ』初日舞台あいさつに登場した(左から)仲里依紗、麻生久美子、森山未來、長澤まさみ、真木よう子 (C)ORICON DD inc.
  • モテ技の公開&伝授をせがまれた長澤まさみは忍者ポーズで「ドロン!」を披露 (C)ORICON DD inc.
  • 森山未來 (C)ORICON DD inc.
  • 長澤まさみ (C)ORICON DD inc.
  • 麻生久美子 (C)ORICON DD inc.
  • 仲里依紗 (C)ORICON DD inc.
  • 真木よう子 (C)ORICON DD inc.

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索