アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 加賀まりこ、共演の櫻井翔にゾッコン 映画『神様のカルテ』舞台あいさつ

加賀まりこ、共演の櫻井翔にゾッコン 映画『神様のカルテ』舞台あいさつ

 公開中の映画『神様のカルテ』(深川栄洋監督)の観客動員数が9月12日時点で100万人を突破する大ヒットを記念して13日、主人公の医師・栗原一止役で主演した櫻井翔と患者役で出演した女優の加賀まり子が東京・TOHOシネマズ日劇で舞台あいさつに登壇した。同作を2回以上観ている観客の多さに驚いていた櫻井だが、加賀から嵐メンバーの反応を聞かれ、「連絡不行き届きというか…」と言葉を濁すと、「信じられない〜、櫻井くんがこんなに一生懸命働いたのに。なんで観てくれないの〜」とプリプリ。櫻井が苦笑いしながら「忙しいんじゃないですか?」とメンバーをフォローすると、加賀は「男のヤキモチかな」と櫻井への好意をあらわにしていた。

 同作で末期がん患者・安曇雪乃役を演じた加賀。今の医学では治療法がないと、大学病院から見放された雪乃が、最後の望みをかけて頼ったのが櫻井演じる一止だった。「自分が出演した映画を観て、泣くことはほとんどないんですが、この作品は胸がいっぱいになった。先生に会いたくて、探し当てた安曇さんがいじらしくて、抱きしめたいくらい好き。死にたくないと思える役でした(笑)。撮影を早く終わらせて、帰ろうという気分にはならなかった」と離れがたい櫻井への想いを語った。

 櫻井は映画の反響について、古くからの知り合いで医者になった友人からもらったメールについて話し、「映画の中のお前が素敵な医者すぎて、悔しかったとメールに書いてあった。男同士で悔しかったというのは最高の褒め言葉だと思う」と喜びを噛みしめ、「多くの人の心に残る、何年か経ってまた観たいと思える映画の1つになってくれたら嬉しい」と笑顔をみせていた。

 また仕事の都合で急きょ舞台あいさつを欠席した深川監督から2人に宛てた手紙が朗読された。「1年前、一緒に悩み、考え、冒険した結果の1つがきょうのイベントなのだと思います。またいつの日か、共犯者としてタッグを組みましょう。その時は私が主犯で、あなたが実行犯です」という監督の言葉に櫻井は「またご一緒したいという言葉をもらえたのが何より嬉しかったです」と感激していた。

⇒2011年の注目映画★予告編動画はコチラ!

◆関連ニュース一覧 最新映画ニュース映画インタビュー


オリコントピックス