アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 櫻井翔、共演者からの寄せ書きに感激 宮崎あおい「夜なべして作った」

櫻井翔、共演者からの寄せ書きに感激 宮崎あおい「夜なべして作った」

 櫻井翔と女優の宮崎あおいが24日、都内で行われた映画『神様のカルテ』(深川栄洋監督、8月27日公開)の試写会イベントに登場した。間もなく公開を迎える同作に主演した櫻井に、キャスト・スタッフから寄せ書きした色紙が手渡されるサプライズがあり、宮崎が「夜なべして」色紙の飾り付けを担当した。受け取った櫻井は寄せ書きに見入ってしばし言葉を失い、「嬉しいです。さっそく家に飾ります。走ってきてよかったな」と感無量な様子だった。

 この日の衣装は全員浴衣で、櫻井は「やっと僕のなで肩が生きる浴衣を着ることができました」。一方の宮崎は、櫻井から「髪をまとめると顔ちいさいね。とてもキレイだと思います」と褒められ、「(櫻井の浴衣姿も)素敵ですよね。一緒に来てお祭りに行ったら楽しいだろうな」と和やかに話した。

 同作は、信州・松本で医師不足の中、24時間365日対応で多くの患者を抱えるとある病院を舞台に、一人の青年医師・栗原一止が、地方医療の現実と向き合いながら、命を救うこととは? 人を救うこととは?という医者としての在り方、人間としての在り方を見つめ直し、成長していく姿を描く。原作は長野県在住の現役医師でもある夏川草介のデビュー小説。

 イベントでは、本編の気に入っているシーンや松本でのロケの思い出などで話が弾み、櫻井は「現場であおいちゃんいてくれる安心感は大きかった」。宮崎は「撮影後に別の仕事でご一緒した時、櫻井くんがものすごくキラキラしていた。『神様〜』の撮影現場では、一止さんが存在して、それが櫻井くんだと思っていたのですが、違っていた。さらに嵐のライブDVDを観て、いろんな人にパワーを与えられてすごいなぁと思っていました」と目を輝かせていた。

オリコントピックス