女性アイドルの“新しい選択肢”を示す注目グループ・ソロに会いに行こう!

 48グループ(AKB48、HKT48など)、坂道シリーズ(乃木坂46、欅坂46など)が安定したセールスとライブ動員を維持している一方、これまではなかったコンセプト、音楽性、ライブ・スタイルを取り入れたグループが次々と登場し、アイドルシーンを賑わせている。その特徴は、幅広い層のリスナーを想定した王道のアイドルソングではなく、コアなファンの獲得を狙った個性的な楽曲を志向していることだろう。

 メロコア、テクノから日本の伝統芸能まで。従来のアイドルとは一線を画した音楽性を持ったグループは、新進気鋭の作家陣が奔放にクリエイティブを発揮できる場所としても機能。現在のJ-POPはダンスミュージック系の楽曲がトレンドだが、アイドルシーンには独創性とクオリティの高さを兼ね備えた楽曲が多く、アイドルファン以外の音楽ユーザーからも注目を集めている。こういった“オルタナティブなアイドルソング”の増加は、アイドルカルチャーを活性化させるだけではなく、J-POP全体にも大いに刺激を与えるはずだ。

(文/森朋之)

オルタナティブな女性アイドルたちを一挙紹介☆

提供元: コンフィデンス

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる