Nina Pelea、グループアイドル全盛時代に、ソロで戦いを挑む!

Nina Pelea(ニーナペレア)ってどんな人?!

 赤坂BLITZ単独公演や、海外公演を成功させたリアル姉妹アイドルユニット「Dear L mana」のメンバー兼プロデューサー・Coco海里が、2019年春にスタートさせた第2弾ソロプロジェクトが「Nina Pelea―ニーナペレアー」。

 衣装デザインや楽曲の方向性、作詞も手がけ、トータルプロデュースを行っている。歌唱力を認められ、KONAMIの大人気アーケードゲーム『pop'n music』のデフォルト楽曲「High Gravity」の歌唱も担当するなど、アイドルとは思えないパフォーマンスを武器に、多方面から大注目の逸材。8月27日に一部収録曲が異なるアルバム『NINA PELEA』の〈TypeA〉と〈TypeB〉をリリースする。

Nina PeleaのCoco海里(ここみさと)に直撃☆

――プロジェクトのコンセプトを教えてください。
「戦う女の子」をコンセプトにしてます! 大人数グループさんが多い時代にあえてソロを選び、プロデュースも自ら行なっているため、自分自身でソロアイドル時代を切り開いていこうという気持ちから、このコンセプトにしました!! アイドルの常識を覆したく、あえて完全生歌にしてダンスを少なめにし、歌というものを見て聴いてくれている全ての人に感じてもらえるようなパフォーマンスを心がけています。

――オリジナル楽曲はどんなところにこだわっていますか。
想いや感情を聞いてくれるすべての人に伝わるよう、オリジナル楽曲の作詞は、基本的に自分自身でしています。また、楽曲に弦楽器やピアノなどを使い、世界観を表現しています。楽曲製作の際は必ず、メロディー制作の段階から作曲家の方と一緒に、細かく確認しながら進めています。メロディ、バックトラック、歌詞はもちろん、マスタリングまで立ち会い、全て納得できるまで時間をかけてこだわって制作しています。

――ステージで披露するダンスのポイントを教えてください。
ソロアイドルなので、大人数アイドルさんに引けをとらないよう、ステージの端から端まで使って全力でパフォーマンスしています! めっちゃ動き回ります!! また、お客さんのその場のノリや雰囲気でダンスではなくあえて煽りをしたり、会場の空気感を大切にするようにしています。

――ステージで披露するMCでは、どんなことを話していますか。
なるべくファンの人と絡んで、会場に笑いが起きるように心掛けてます!人の出会いは一期一会なのでその場にいるたくさんの人が楽しんでくれて、また会いたいと思ってもらえたら嬉しいです。
Nina Pelea オフィシャルサイト(外部サイト)

オルタナティブな女性アイドルたち

提供元: コンフィデンス

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる