ドラマ&映画 カテゴリ

VTuber・ときのそら、地上波連ドラで女優デビュー「VTuberが身近な世界になってほしい」【VTuber本人インタビュー】

 バーチャル空間だけでなく、リアルシーンでのアイドル、タレント、女優として活動の場を広げるVTuber。オリコンが発行するエンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』では、そんなVTuberたちに直撃インタビュー。彼・彼女たちに登場してもらい、生の姿と声を通してその魅力に迫る連載をスタートした。

 その第1弾では、今年3月にアルバム『Dreaming!』でメジャーデビューし、テレビ東京の史上初のVTuber連続ドラマ『四月一日さん家の』(4月19日スタート)で女優デビューする、ときのそらにインタビュー。初めての撮影現場のことから、この先のテレビをはじめとしたリアルでの活動まで、彼女の言葉で語ってもらった。

うれしさ半分、不安半分の女優初挑戦

──テレビドラマで女優デビューが決まったときの気持ちはいかがでしたか?
ときのそらうれしさ半分、不安半分という感じでしたね。ドラマやアニメを観るのは大好きなので、お芝居って楽しそうだなと思ってはいたんですが、まさか自分が出るとは想像もしていなかったので。

──演じる四月一日家の長女・一花は25歳。そらさんは18歳ですが、実年齢より上の役を演じるのは難しくなかったですか?
ときのそらもともと私はしゃべり方がお母さんっぽいって言われていて、ファンの方からもよく「ママ」って呼ばれたりするんですよ。
──じゃあ長女役はピッタリだった?
ときのそらただ、やっぱり動きはちょっと子どもっぽいかなって監督さんに指摘されました。オーバーリアクションになっちゃうクセとか。なので、そこはけっこう気をつけて、シュッと大人っぽく見えるように意識しました。

──演じる役と自分との共通点はありましたか?
ときのそら夢に向かっているところがすごく共感できます。一花ちゃんは声優志望なんですが、私もアイドルを目指してがんばっているところなので。あとは天然っぽいところ? 自分では認めていないんですけど、ときどき周りとテンポが違うって言われることがあるんです(笑)。

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2019年10月7日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2019年10月7日号

<COVER STORY>
古澤佳寛氏(STORY 代表取締役社長)
中国から北米、日本のクリエイティブを世界へ
「市場が広がれば解決できることは多い」

<SPECIAL ISSUE>
完全保存版
2019年下半期
新人パーフェクトリスト

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索