• ホーム
  • 音楽
  • BTS、新曲公開でアーティストランキング1位獲得

BTS、新曲公開でアーティストランキング1位獲得

 BTS(防弾少年団)の新曲「IDOL」が、YouTubeチャート「週間楽曲ランキング」2位に初登場した。2018年の最速1億再生突破曲となった同曲を含め計3曲がTOP20内にランクイン。「週間アーティストランキング」では、米津玄師、TWICE、DA PUMPの不動の配信TOP3の牙城を切り崩し、トップに立った。
BTS「IDOL」2位に初登場、アーティストランキング1位

 BTS(防弾少年団)の新曲「IDOL」が8月24日より公開され、509.7万再生で「週間楽曲ランキング」2位にランクイン。世界中のリスナーを意識した曲調の同曲の全世界再生回数は、9月3日時点で1億2473万再生を突破。2018年のYouTube1億再生超え最速楽曲となった。

BTS(防弾少年団)「IDOL」

 また、「週間アーティストランキング」では、前週比159.4%アップの1249.0万再生で1位を獲得(前週4位)。米津玄師、TWICE、DA PUMPの不動の配信TOP3の牙城を切り崩し、同ランキングを制覇した。BTSの登録者数は1000万を超えている。

 BTSは、8月25日から韓国を皮切りにワールドツアー『BTS WORLD TOUR‘LOVE YOURSELF’』をスタートしており、日本では11月13日から東京・大阪・名古屋・福岡の4都市で9ドーム公演を予定。この先もランキング上位をキープしていきそうだ。
MISIA『ぎぼむす』ドラマ主題歌、MV視聴とともにダウンロード好調

 MISIAのドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)主題歌となる「アイノカタチfeat.HIDE(GReeeeN)」が8月20日より公開され、104.1万再生で「楽曲ランキング」12位にランクイン。累計再生は208.4万と2週間ほどで200万再生を超えた。

MISIA「アイノカタチfeat.HIDE(GReeeeN)」

 同曲はフィジカルが8月22日にリリースされ、それに合わせて7月末より先行配信されていたデジタルもダウンロード数を伸ばしていたが、フィジカルのプロモーションとなるYouTubeでのMV公開からの拡散が、ダウンロードの訴求にもつながっていることが推測できる。
Nissy(西島隆弘)「トリコ」147.2万再生で6位初登場

 AAAの西島隆弘のソロプロジェクト、Nissyの「トリコ」が8月23日から公開され、147.2万再生で6位に初登場した。

Nissy「トリコ」

 同曲は、ニューシングル「トリコ/Relax&Chill」(9月30日発売)の表題曲となり、10月5日公開の映画『あのコの、トリコ。』主題歌。音楽だけでなく、衣装や映像、演出までセルフプロデュースするNissyだが、YouTube、ダウンロード、サブスクなどデジタルで若年層を中心に厚い支持を受けている。「アーティストランキング」では、今週14位までランクアップさせてきている。

YouTubeチャート「週間楽曲ランキング」

YouTubeチャート「週間アーティストランキング」

【ランキング説明】
●『楽曲ランキング』:YouTubeで再生された同じ楽曲の様々なバージョンの日本国内での合計再生回数を集計し生成されるもの。フルバージョンの公式ミュージックビデオ、許諾された楽曲が使用されているユーザー動画、歌詞動画などの公式コンテンツの再生回数が集計されている。

●『アーティストランキング』:アーティストによる音楽関連動画全体の日本国内での合計再生回数に基づいて生成されるチャート。フルバージョンの公式ミュージックビデオ、許諾された楽曲が使用されているユーザー動画、公式ライブパフォーマンス、リミックス、歌詞動画、アルバムトラック、コラボレーションなどの再生回数がチャートに反映されている。

※先週順位は100位圏内の順位を記載。初登場及び100位圏外からのランクイン作品は「-」と記載。※日本時間・毎週月曜日更新。

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2018年9月24日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2018年9月24日号

<COVER STORY>
ジヒ・ナム氏(Instagram アジア太平洋地域パートナーシップス部門統括)
自分らしい自由な表現で
Instagram上のファンとの深いエンゲージメントを築く

<SPECIAL ISSUE>
バーチャル音楽番組を編集部が企画
“演歌・歌謡”を定義から再考 未来への提言

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!