アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 『劇場版コード・ブルー』大ヒットのカギはドラマから時間を空けた映画化

『劇場版コード・ブルー』大ヒットのカギはドラマから時間を空けた映画化

 フジテレビの人気ドラマを映画化した『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』が、7月27日の公開から3週連続で全国映画動員ランキング1位を獲得。8月12日までで累計興収52億円(動員406万人)を突破し、最終100億円超えが期待できる状況。ドラマ映画としては、2012年の年間映画興行の邦画1位になった『BRAVE HEARTS 海猿』(73.3億円)以来、6年ぶりの大ヒットとなった。

ドラマ映画の全盛は主に90年代後半から00年代

 ドラマ映画の全盛は主に90年代後半から00年代。フジテレビの『踊る大捜査線 THE MOVIE』(1998年)が推定興収100億円前後(当時発表の配給収入で50億円)を超える大ヒットを記録し、各局から『海猿』『ROOKIES』『あぶない刑事』『アンフェア』など人気連続ドラマの映画化が続いた。そのなかからは、実写邦画歴代興行収入1位となる『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』(173.5億円/2003年)なども生まれている。

 しかし、時代とともに高視聴率ドラマは少なくなり、その一方でテレビ局の収益の柱のひとつにもなった映画事業からのドラマ映画は数ばかりが多くなり、テレビドラマと変わらない内容の作品なども散見されるようになり、次第に観客の足は遠のいていった。近年のテレビ局映画(ドラマ映画のほか漫画実写やオリジナルなどを含むテレビ局製作映画)は、人気漫画や小説など原作ものの実写化が主流になり、ドラマ映画は1年に1〜2作ほどが制作されているが、フジテレビ作品では『信長協奏曲 ノブナガコンツェルト』(46.1億円/2016年)、『昼顔』(23.3億円/2017年)などが邦画実写が低迷するなかでもスマッシュヒットになっていた。

もともと人気の高いドラマがシーズンを経て、幅広い層の視聴者を獲得

 そうしたなか、かつてドラマ映画を得意としていたフジテレビによる、シリーズを通して高視聴率をキープしていた大型ドラマの映画化となる『劇場版コード・ブルー』に対しては、その動向に映画界からの熱い注目が集まっていた。そこで予想外とも言える規模の大ヒットスタートを切ったのだ。

『コード・ブルー』は、2008年7月期の連続ドラマ『〜 1st season』の放送に続き、翌年にスペシャルドラマ、さらに2010年1月期に『〜 2nd season』が放送され、それぞれ高視聴率を記録。この時点で固定ファンのいる人気シリーズになっていた。そのあと7年を経て、『〜 3rd season』が2017年7月期に月9枠で放送され、二桁ドラマが少ないなか平均視聴率14.6%を獲得。過去のシーズンを観ていない、新たなファンも多く獲得していた。

 そして、いよいよ映画化された今作は、劇場には若年層の女性の姿が多く、『〜 3rd season』の視聴者がメインの観客層になっているようだが、それに過去シーズンからのファンも加わり、幅広い層の動員に成功している。映画ジャーナリストの大高宏雄氏は「もともと人気の高いドラマだったが、映画ではテレビから10年が経ち、登場人物たちが年齢を重ねて成長していく姿が描かれている。この長いスパンの連続性のなかで、ファンの関心の度合いも増したと思う。結果として、過去のドラマ放送直後ではなく、時間を空けて映画化したことが功を奏したと言えるでしょう」と分析する。

 また、作品の内容としても、“医療ドラマ”という点が、ヒット要因としては大きいようだ。大高氏は「『ドクターX』を筆頭に、医療ドラマは他ジャンルと比べて根強い人気がある。それに加えて、ドクターヘリが登場する『コード・ブルー』にはヘリに伴うスケール感が生まれ、医療ジャンルの幅が膨らんだ。その新局面が、医療現場や仲間意識などを描く感動的な側面とうまくミックスされ、新しい医療ドラマにつながった」と高く評価した。

テレビ局映画の強いヒット力が映画界に必要

 近年の映画シーンにおいて邦画実写が低迷している要因のひとつには、テレビ局映画の苦戦がある。当たればビッグヒットが望めるが、20億円前後の中ヒット以上がなかなか生まれなくなって久しい。かつては大ヒットを連発していたドラマ映画は、連続ドラマの視聴率が一桁もめずらしくない昨今、ドラマ映画の数自体も少なくなり、年に1作ほどは社会現象的なムーブメントとなるドラマも誕生しているが、作品それぞれの事情により映画化したくてもできないということも重なっていた。

 そんななかで、今回の『劇場版コード・ブルー』の大ヒットは、邦画実写シーンに明るい兆しを指すとともに、ドラマ映画のポテンシャルを改めて示した。ヒットのサイクルのようなものがあるが、漫画実写映画が飽和状態にあり動員力が弱まっているいま、今作をきっかけにドラマ映画の新たな企画が増えていき、ドラマ映画再興へとつながることへの期待は高まる。

 大高氏は「テレビ局映画には強いヒット力があり、そのビッグヒットの素地が高い作品が映画界には必要。視聴率はそれほど高くなくても、コア層がついている根強い人気ドラマもある。これまでの反省も踏まえつつ、今後はドラマ映画の新機軸を作ってほしい」と期待をかける。

劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-

出演:山下智久 新垣結衣 戸田恵梨香 比嘉愛未 浅利陽介 有岡大貴(Hey! Say! JUMP) 成田凌 新木優子 馬場ふみか 新田真剣佑 かたせ梨乃 山谷花純 丸山智己 杉本哲太 安藤政信 椎名桔平
監督:西浦正記
脚本:安達奈緒子
全国東宝系にて公開中 【公式サイト】(外部サイト)
(C)2018「劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」製作委員会

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2018年11月5日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2018年11月5日号

<COVER STORY>
奥田民生(アーティスト)
アーティストの権利を守るのは大事なこと
一方で、フットワークの軽さや面白さも必要

<SPECIAL ISSUE>
音楽意識調査レポートでセグメント
ライフスタイル別デジタルコンテンツ接触調査

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!