• ホーム
  • 音楽
  • 【AWAランキング】DAOKO×米津玄師が首位に再浮上、CRAZYBOYの新曲が2位

【AWAランキング】DAOKO×米津玄師が首位に再浮上、CRAZYBOYの新曲が2位

 定額制音楽配信サービス「AWA」内でのユーザーがプレイリストに採用した楽曲の週間採用数ランキング「AWA Weekly Playlist Employed Top25」。今週は、ロングセールスを記録しているDAOKO×米津玄師の「打上花火」が、首位に返り咲いた。また、Ed Sheeranの「Shape of You」が、3位にランクイン。人気を維持している2作がTOP3入りした。

 新譜では、三代目 J Soul Brothers・ELLYのCRAZYBOY名義のデジタルアルバム『N E O TOKYO III EP』が配信スタート。同アルバム収録の「Double Play」が2位に初登場し、「Lights Off feat.EXILE SHOKICHI」が20位、「ALIVE feat. SWAY」が21位と3曲がランクインした。

 清水翔太は、先行配信された「Good Life」(1月24日CD発売)が8位に初登場し、2017年にAWAで最も聴かれた楽曲「My Boo」が18位、「君が好き」が19位にランクインし、新曲配信に伴い旧譜も試聴された。

 洋楽では、The Chainsmokersの新曲「Sick Boy」が、9位に初登場。AWAでは、洋楽を中心にテーマに合わせたプレイリストを作成するユーザーも多く、今後ロングヒットが期待される。

AWA Weekly Playlist Top3

AWAではユーザーが8曲のプレイリストを作成し、公開してシェアすることが可能。ここではプレイリスターの上位3組を掲載。再生数やフェイバリット数などをもとに、同社のロジックでプレイリストをランキング化したものとなる

AWAではユーザーが8曲のプレイリストを作成し、公開してシェアすることが可能。ここではプレイリスターの上位3組を掲載。再生数やフェイバリット数などをもとに、同社のロジックでプレイリストをランキング化したものとなる

■恋愛ソングが占めたTOP3
 今週のTOP3は、恋愛にまつわる楽曲が多く、季節柄失恋ソングを採用したmotoのプレイリストが1位にランクインした。

 初恋を歌った宇多田ヒカルの「First Love」や、昔の恋を振り返るTEEの「バカみたいに愛してた feat.RYOJI」など、プレイリスト名「さよなら、ずっと愛しい人」を上手く表現している。

 また、清水翔太の「I miss you -refrain-」や「まっすぐに」が上記プレイリストに採用されているが、週間採用数ランキングで8位に初登場した新曲「Good Life」も、次週以降、多くのユーザーが同曲でプレイリストを作成する可能性が高い。

 さらに、JUJUの新曲「東京」が1月24日より配信スタートし、2月21日に約2年振りとなる7枚目のオリジナルアルバム『I』の発売が控えており、こちらも週間プレイリストランキングに入ってくることが予想される。

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2018年8月20日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2018年8月20日号

<COVER STORY>
安倍寧氏(音楽評論家)
音楽評論に大切なのは人間関係
それが希薄になると評論は成り立たない

<SPECIAL ISSUE>
月間マーケットレポート 7月度
デジタル配信×ライブ×映像ソフト
月間市場動向から見るアーティスト戦略のカギ

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!