ミュージック インタビュー&コメント

ミュージックライブレポート
2009年07月06日
LIVE REPORT
DREAMS COME TRUE
全40曲!みんなを幸せにしたい!!

次へ
(C)DCT records, Inc(C)DCT records, Inc(C)DCT records, Inc(C)DCT records, Inc(C)DCT records, Inc
ドリカム20周年ツアーは史上最多曲数!!
 3月21日のDREAMS COME TRUEデビュー20周年記念日から始まった全国ツアー『20th Anniversary DREAMS COME TRUE CONCERT TOUR 2009“ドリしてます?”』。これまでのオリジナルアルバム15枚から、全40曲を披露するという、ドリカムライブ史上最多の曲数が披露された、その国立代々木競技場第一体育館でのライブ初日をレポート!

 開演前から大声援が飛び交うステージがライトアップされ、ミュージシャンに続いて登場した吉田と中村。「キャー! トーキョー!」と、大絶叫するほどに、吉田はうれしさを隠せない。もちろんオーディエンスも同じ気持ちだった。1曲目から総立ち、手拍子、大合唱! 

「今のドリをしっかり見てもらいたい。とはいえ20年をざっくり振り返れるようなライブにもしたいから、たっぷりやるよ」

 愛しいオーディエンスたちに向かって「おいらの代々木ベイビーズ」と呼びかける吉田。「歌って笑って騒いで、めっちゃハジケて。ひとり残らず、おいらが幸せにしちゃうからね! 今日も行くよ!×3!」。DREAMS COME TRUE ALL STARSとして、今回のツアーに参加しているFUZZY CONTROLや中澤信栄といった一流のパフォーマーたちが、ステージを一緒に盛り上げる。

 ニューアルバム『DO YOU DREAMS COME TRUE?』に収録されており、青山テルマに書き下ろして話題となった「大っきらい でもありがと」は、このツアーで初披露。中村は、吉田とバンドのちょうど真ん中に立って、演奏をリードする。吉田はソウルフルに熱唱。

 最初のMCで吉田が言ったように、今回の選曲は「現在のドリ」と「これまでのドリの20年の歩みを振り返る」という、どちらも楽しめる内容。みんなが大好きな「うれしい!たのしい!大好き!」や、「Eyes to me」では、会場にマイクを向けて、みんなでサビを大合唱。歌いなれたハッピーな言葉を約1万2000人と共有するのは、最高に気持ちイイ。「決戦は金曜日」では、バンドも前に飛び出し、熱い演奏を繰り広げる。吉田は2人のパフォーマーを従えてクールなダンスを披露したり、女性バッキングボーカルと熱いユニゾンで魅せる。

 ドリカムのライブの魅力は、1000パーセント“音楽”を楽しませてくれること。2人の在り方、一つひとつの音、その声、すべてがアーティスティックであることの前に、“音楽って楽しい!”というシンプルで素晴らしいことを、全身で感じさせてくれるのだ。20年間、ずっと変わらずに。だからみんな、ずっとドリが好きなのだ。

 40曲という曲数を忘れるくらい、会場にいる全員が引き込まれていた。アンコールが沸き起こり、ウェーブが生れる。最後の歌は、吉田の特別なメッセージ付きだった。吉田と中村、2人が手をつないで挨拶する姿からは、これからも進み続けるドリカムのさらなる躍進を予感させる。
(文:三沢千晶)
【過去の特集&インタビュー】
■ライブレポート
 『WINTER FANTASIA 2008〜DCTgarden“THE LIVE!!!”』をレポート(2008/11/27)
■シングル「きみにしか聞こえない」インタビュー
 『切なさと前向きさが融合した、ドリカムならでのバラード』(2007/06/13)

そのほかの特集&インタビュー一覧
ライブレポート一覧へ

P R

イープラス

オススメ記事