ミュージック インタビュー&コメント

ミュージックライブレポート
2009年04月30日
LIVE REPORT
氣志團
2年7ヶ月ぶりに活動再開!約12,000人のファンを魅了!!

次へ
氣志團氣志團氣志團氣志團氣志團
ロックンロール魂が健在の熱いステージを披露!
 つっぱりロックンロールバンドの氣志團が、4月26日に日本武道館でライブを行い2年7ヶ月ぶりに活動を再開した。今年1月27日に、HP上で「俺達は現在進行形の、最新型の、力強くて、それでいて切なくて、だけど胸騒ぎが止まらない、そんなとびっきりのロックンロールを発信します」と團長・綾小路翔が所信表明してから、初のライブとなった日本武道館は、再始動を待ち望む約12,000人のファンで埋め尽くされた。

 「房総スカイライン・ファントム」でスタートしたGIGは、氣志團のトレードマークである、漆黒の学ランでメンバーたちが登場すると、地鳴りのような歓声が会場を包んだ。綾小路翔は、「待たせてごめん、俺らはもうどこにも行かねぇからな!俺たちにはお前らしかいないし、お前らにも俺らしかいねぇ。俺らがお前らの運命の相手、氣志團!」と再始動への心意気を叫んだ。

 360°全方向から観客に囲まれる、格闘技を思わせるセンターステージで、「One Night Carnival」「黒い太陽」「雷電」を披露。さらに、再始動後初の新曲となる「木更津サリー」など全19曲を熱唱し、ファンを魅了した。またこのステージはゆっくりと360度回転する仕組になっており、「今日、360度センターステージにしたのは、ギミックなしの俺ら6人を見て欲しかったから」と、その潔さと、ロックンロール魂は健在。彼らの思いがつまった一夜となった。

 7月より、全国ツアー『氣志團現象2009 MIDSUMMER CARAVAN TOUR「ON THE STREET」』(全国7都市11公演)が行われるほか、10,000本限定生産のドキュメンタリーDVDが、ツアー会場限定販売される。

氣志團 プロフィール
ライブレポート一覧へ

P R

イープラス

オススメ記事