ドラマ&映画 カテゴリ
ORICON NEWS

ドラマ『マウンテンドクター』キャスト・出演者一覧、相関図【2024年7月期放送】

『マウンテンドクター』相関図

杉野遥亮が主演を務める、カンテレ・フジテレビ系『マウンテンドクター』(毎週月曜 後10:00)のキャスト・出演者、相関図を紹介。

宮本歩/杉野遥亮

『マウンテンドクター』に出演する杉野遥亮(C)カンテレ

(C)カンテレ

信濃総合病院に赴任してきた青年医師。整形外科医と並行して、病院が近年力を入れ始めた“山岳診療科”の兼務を命じられる。高校卒業以来、故郷である長野県に戻ってきた歩は、小さいころから身近にあり大好きだったはずの山へ、ある想いを抱え続けている。医師としては、これといった目標もなく、志も低めの今時な事なかれ主義だったが、山岳医療チームで過ごす中で少しずつ成長していくことに…。
【演】杉野遥亮

村松典子/岡崎紗絵

『マウンテンドクター』に出演する岡崎紗絵(C)カンテレ

(C)カンテレ

信濃総合病院の麻酔科医。この病院に赴任してきた整形外科医・歩(杉野遥亮)とは幼なじみであり、歩の初恋の相手でもある。学生時代から優秀で、目標にしていた医師となる夢を果たし、院長に指名されたことをきっかけに山岳医療チームに参加。歩が患者と向き合う姿を見ていくうちに、山岳医療における麻酔科医としての存在意義に目覚めていく。世話好きで、快活で明るい性格だが、母親との間に抱えた問題を誰にも相談できずにいる。
【演】岡崎紗絵

鮎川玲/宮澤エマ

『マウンテンドクター』に出演する宮澤エマ(C)カンテレ

(C)カンテレ

信濃総合病院の看護師。国内山岳看護師の資格を持っている。祖父が山小屋を経営しており、かつては山小屋を手伝う元気な看板娘だった。幼い頃から山で育ち、山を愛していたが、ある事故をきっかけにその気持ちを塞いでしまう。真面目で常に冷静なタイプであり、山を信じて山岳医療に打ち込む歩(杉野遥亮)の姿に感化されていく役どころ。
【演】宮澤エマ

小松真吾/向井康二

『マウンテンドクター』に出演する向井康二(C)カンテレ

(C)カンテレ

歩(杉野遥亮)と典子(岡崎紗絵)の幼なじみで、地元・長野県松本市で焼き鳥屋「しんちゃん」を営む店主。歩が長野に戻ってきてからは、歩・典子・玲(宮澤エマ)の行きつけのお店となり、仕事終わりの3人が集う憩いの場所になる。若くして結婚し、離婚も経験しているバツイチ・子持ちで、離れて暮らす息子との向き合い方に悩んでいる。常に明るくムードメーカー的な存在だが、他者を観察し相手の気持ちを考える優しい性格。昔から歩の最大の理解者でもある。
【演】向井康二

小宮山太/八嶋智人

『マウンテンドクター』に出演する八嶋智人(C)カンテレ

(C)カンテレ

信濃総合病院の救命救急医。救命救急のチーフ医師で、経験豊富でスキルもある。救命救急の仕事にプライドを持っているため、山岳医療に対して懐疑的で、協力的ではないのが基本スタンス。山で起こった事故や病気の対応も、救命救急の現場で対応したらいいと思っている。MMTのメンバーに選ばれたことを不服に思っているが、院長(檀れい)発のプロジェクトであり、院長から直々にリーダーに指名されたことで、出世に欲を出して参加。この勢いで副院長の座を狙っている。院長の前では「山岳医療を発展させるため!」と宣言しながら、裏では山岳医療に長けた歩(杉野遥亮)に全て任せればいいと思っている。しかし、山岳医療に必死に取り組み、患者と向き合おうとする歩や、山岳事故で運ばれてきた患者を救うことを通じて、徐々に考え方が変化していく。家では恐妻家な一面も。
【演】八嶋智人

松澤周子/檀れい

『マウンテンドクター』に出演する檀れい(C)カンテレ

(C)カンテレ

歩(杉野遥亮)が赴任する信濃総合病院の院長。親の跡を継いで信濃総合病院の院長となったが、自身が医大生だった頃に、同学年の江森岳人(大森南朋)と出会う。過去のある出来事をきっかけに山岳医療の充実、医療・救助が一体となった体制が必要だという考えに至り、院内で山岳診療に力を入れ始める。そして、山岳医療チーム“MMT(マウンテン・メディカル・チーム)”を発足させる。病院へのレスキューヘリの導入や、各所との速やかな連携が取れるシステム作りなど、山岳医療の新しい未来に向けても奔走していく。山の素晴らしさと怖さの両方を知る歩が、この先の山岳医療の未来を切り拓く人材だと思っている。
【演】檀れい

江森岳人/大森南朋

『マウンテンドクター』に出演する大森南朋(C)カンテレ

(C)カンテレ

宮本歩(杉野遥亮)が赴任する信濃総合病院の循環器内科医。国際山岳医としての資格を取得し、海外での活動経験もある山岳医。山岳医療に詳しいからこそ、医師が安易に山に行くことに慎重で、山での負傷者・疾病者は迅速な救助ののち設備の整った病院で治療すべきだという信念を持っている。しかし、歩とぶつかり合いながら、自身も抱える過去のトラウマを乗り越えようとしていく。
【演】大森南朋

スタッフ・主題歌

脚本

高橋悠也

演出

国本雅広、高橋貴司、保坂昭一

音楽

林ゆうき

主題歌

Official髭男dism「Sharon」(IRORI Records/PONY CANYON INC.)

プロデューサー

近藤匡、大城哲也

制作協力

ジニアス

制作著作

カンテレ

関連記事

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索