• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム
  • CM
  • 岡田准一&なにわ男子・西畑大吾のCM共演秘話 「もっとかわいく!」テレマティクス自動車保険をアピール

岡田准一&なにわ男子・西畑大吾のCM共演秘話 「もっとかわいく!」テレマティクス自動車保険をアピール

 岡田准一と西畑大吾(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)が初共演する、あいおいニッセイ同和損保の新TV-CM「テレマな二人(安全運転)」篇(15秒・30秒)、「テレマな二人(事故対応)」篇(15秒・30秒)、「テレマな二人」(60秒)が放映開始された。撮影では岡田が西畑に“かわいさ”を指南する場面もあり、絶妙なかけ合いが見られるCM本編に。そのストーリーや初共演についての感想、撮影中のエピソードなど、同CM撮影現場の裏側に迫った。

【動画を見る】岡田准一&なにわ男子・西畑大吾が初共演「テレマな二人」篇(60秒)

なにわ男子・西畑大吾が一般ドライバー役に、岡田准一との絶妙なかけ合いを披露

 新CMは、先進的な“テレマティクス技術”で安全運転を支援するとともに、万が一のときには高度な事故対応サービスでお客さまをサポートする自動車保険「タフ・つながるクルマの保険」「タフ・見守るクルマの保険プラス(ドラレコ型)「タフ・見守るクルマの保険プラス S」の魅力や特長を、プレゼンターである岡田准一が伝え、その語りに西畑大吾が一般のドライバー目線で耳を傾けるストーリー。以前から岡田が同社のイメージキャラクターを務めているが、今回新たに西畑が撮影に加わった。

 西畑が所属する「なにわ男子」は関西出身のジャニーズJr.で結成されたグループで、11月12日にCDデビューをすることが決定している。西畑は“演技力”に長けており、すでにNHKの朝ドラ2作をはじめ、さまざまな映画やドラマへの出演経験が豊富。アイドルとしても俳優としても非常に期待度が高いメンバーだ。

 本CMでも、“テレマ”がどのようなメリットをもたらす技術なのか真摯な表情で解説する岡田に対し、西畑はその説得力抜群のプレゼンを絶妙なリアクションで受け止めている。CM初共演にも関わらず、リズミカルで息ぴったりな2人の絶妙なかけ合いは、間違いなく見どころのひとつだろう。

「もっとかわいいのイケる!」 岡田が意気投合した西畑に熱心な演技指導も…?

 大先輩である岡田との初共演を前に、撮影当日は緊張を隠せずにいた様子の西畑。監督から「2人は共演したことがありますか?」と尋ねられ、「初めてです!」と返事をすると、隣にいた岡田が「あります。忘れてるんじゃないかなぁ…」と一言。西畑はびっくりして目を丸くするが、笑顔の岡田を見てひと安心した様子。そういった具合に岡田がジョークを発したり積極的に会話をしたりして西畑の緊張をほぐし、リラックスしたいい雰囲気で撮影はスタートした。

 “テレマ”の魅力を語る岡田のプレゼンに西畑が「おお〜!」とリアクションをするシーンでは、俳優としても先輩である岡田が熱心に演技指導をする姿が。全力で「おお〜!」と演技する西畑に対し、岡田は「もっとかわいいのイケるだろ!」とアドバイス。それに西畑が答えていくと「いい感じだ!でもまだできるだろ?」「まだ出せます!『おお〜!』」「大丈夫、かわいかったよ(笑)」「ありがとうございます!」と、すっかり意気投合した2人の仲のいいやりとりは休憩中も続き、スタジオの空気をほっこりと和ませていた。

【動画を見る】岡田准一&なにわ男子・西畑大吾が初共演「テレマな二人」篇(60秒)

西畑がかわいくアピール! 契約台数100万台突破の「テレマティクス自動車保険」とは

 「テレマティクス自動車保険」の契約台数は100万台を突破したが、これはさまざまな大きな壁を乗り越えながら達成した数字である。それを踏まえて、岡田と西畑の2人に「今までに大きな壁にぶつかったことがあるか?」と質問を投げかけてみたところ、西畑は 「ボクはよく、童顔って言われるんです。今年で24歳なんですけど…年齢確認の壁にいつもぶちあたってます(笑)」と答えた。

 一方、岡田は「壁は…しょっちゅうですよね。今も壁です…西畑くんと向き合ってる」と回答。これにはすかさず西畑が「え!壁があるんですか?ウソでしょ!?」と反応したが、岡田が「どうやったら仲良くできるかな…とか(笑)。(演技していると)顔が怖くなってくるんですよね。だから、できるだけ優しくいたい。“安全・安心”を販売する(保険会社の)方もそうですけど、チャレンジしているからこそ“安全・安心”は届くものだと思うので、いつもチャレンジしていたい。そういう先輩でいたいと思います」と言うと、西畑も「素敵です。ボクもそういう後輩であり、そういう先輩でいたいと思います」と尊敬の眼差しを向けていた。

 まさに、そんな“安全・安心”を提供するのが、あいおいニッセイ同和損保の「テレマティクス自動車保険」。先進的なテレマティクス技術で車から取得した走行データに基づき、毎月の安全運転の度合いを保険料に反映することで、安全運転を促進し事故を未然に防ぐ国内初の自動車保険「タフ・つながるクルマの保険」を2018年4月に発売。さらに、2021年1月には自動運転車の安全性を保険料に反映する国内初の自動運転対応テレマティクス自動車保険へと進化させている。


 2020年1月には、専用のドライブレコーダー型テレマティクス端末で取得した走行データに基づき、安全運転の度合いを保険料に反映する「タフ・見守るクルマの保険プラス(ドラレコ型)」の販売を開始。事故を起こさないお客さまにも安全・安心という付加価値を加えた。さらに2021年1月に、あいおいニッセイ同和損保オリジナルの通信車載器と専用のスマートフォンアプリを活用し、月額100円の特約保険料で手軽に簡単に始められる「タフ・見守るクルマの保険プラス S」も商品ラインアップに追加している。

 あいおいニッセイ同和損保は「テレマティクス自動車保険」のパイオニアとして、“安全・安心”なモビリティ社会の実現に貢献するため、今後もさまざまな商品・サービスを開発・拡充していくだろう。

■CM視聴はこちら
https://www.aioinissaydowa.co.jp/corporate/about/cm/

sponsored by あいおいニッセイ同和損保

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索