ドラマ&映画 カテゴリ

なにわ男子・道枝駿佑、“反抗期”経験せず芝居で苦戦「こんな感じなのかな」

 関西ジャニーズJr.・なにわ男子の道枝駿佑(18)が出演する映画『461個のおべんとう』(11月6日公開)。井ノ原快彦演じる主人公のシングルファーザーと道枝演じる高校生の息子が手作りのお弁当を通して絆を深めていく物語で、道枝は実年齢とほぼ同じ役柄をみずみずしく、等身大で演じている。劇中では父への不満が爆発し、想いをぶつけるシーンも印象的だが、本人は「反抗期がなかった」そうで、その芝居にはひときわ苦戦した。父親役を演じた井ノ原とのエピソードなど今作の撮影裏を合同インタビューで語った。
 今年、結成30周年を迎えるヒップホップバンド・TOKYO No.1 SOUL SETの渡辺俊美による感動のお弁当エッセイ『461個の弁当は、親父と息子の男の約束。』(マガジンハウス刊)を、『461個のおべんとう』として映画化。妻と別れ、息子である虹輝(道枝)と2人で暮らすことになった鈴本一樹(井ノ原)は、虹輝の要望で毎日お弁当を作ることになり、親子は大切な約束を交わす。それは高校3年間、『毎日お弁当を作る』『休まずに学校へ行く』――。

映画『461個のおべんとう』に出演する道枝駿佑(C)2020『461個のおべんとう』製作委員会

映画『461個のおべんとう』に出演する道枝駿佑(C)2020『461個のおべんとう』製作委員会

 両親の離婚を経て父と暮らすことになった虹輝。高校受験に失敗して1年浪人で入学するとそこには中学の後輩がおり、クラスにもなかなか馴染めない。そんな逆境から虹輝の高校生活はスタートする。彼のキャラクターについて「あまり自分から話さずに消極的。自分の思いを溜め込むタイプ」と分析。実年齢に近いこともあり「あまり考えすぎず、やりやすかった」とすんなり役柄に入ることができたという。
 「例えばお父さんについて『まわりが調子を合わせている』とぶつけるシーンも、ずっと心で思ってたのかな。『お弁当を作ってあげる代わりに3年間休まない』という約束はお父さんに負けたくないみたいな意地もあって…負けず嫌いでもあるんでしょうけど、本当はすごく素直な性格でもある。本当はすごく寂しくて友達もほしいけど、浪人して高校に入れたと思ったら後輩が同級生にいたりしてこの先どう過ごしていいかわからない不安もありながら、友達ともお弁当をきっかけに仲良くなれたし、お弁当があったからこそ虹輝が変化していったのでは」。

映画『461個のおべんとう』に出演する井ノ原快彦と道枝駿佑(C)2020『461個のおべんとう』製作委員会

映画『461個のおべんとう』に出演する井ノ原快彦と道枝駿佑(C)2020『461個のおべんとう』製作委員会

 素顔は「お母さんが負担かかるかなと、『もう、お弁当いいよ』って(高校では)お弁当ではなく食堂で食べるようにしました」と話すなど、母親思いな一面も覗かせる。だからこそ、父とすれ違ってしまう虹輝には「僕は反抗期がなかったので、反抗期のシーンはどうしたらいいのか。男の子の反抗期ってこんな感じなのかなと気にしていました。台本を読んで、反抗期ってちょっと難しいことなんだなって思いました」と戸惑う部分も。「イメージではありますが自分が思う反抗期をだせたつもりではあります」と模索しながら多感な思春期を自分なりに演じきった。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索