アニメ&ゲーム カテゴリ

気高き孤高の騎士・ギャンの“最期の抵抗”を表現 「この歳になって、戦いの細かい描写に気づくことがある」

 ビームサーベルとシールドを装備し、ひとり中世の騎士のようなたたずまいで、ジオン公国のモビルスーツ(MS)のなかでも異彩を放っているギャン。『機動戦士ガンダム』では、マ・クベ大佐専用機として登場し、覚醒したアムロ・レイの乗るガンダム相手に善戦するも、切り付けられて爆破という儚い最期が描かれた。モデラーの林さん(@Hayashiya669)はそんなギャンが、見せたであろう“最後の抵抗”を想像し、ガンプラで表現。“孤高の騎士”ギャンに込めた想いとは?

本格復帰第1作に選んだテーマは「大破したモビルスーツ」

――ガンプラに本格復帰し、第1作として制作したのがギャンの最期を描いた本作『最後の戦場』と伺いました。
はい。小学四年生からプラモデルを始めたのですが、一年くらい続けてそこから全く作らなくなってしまい、ここにきてまた作りたいなと思い始めました。ちょうど、まぁまぁ時間もあったので始めるいいきっかけになりました。

――ウェザリングを施し、ギャンの最期が見事に描かれていますが、本作のアイデアはどのようなところから浮かんだのですか?
実は、事前に汚し塗装を施して、戦場で大破したMSを表現しようということだけ決めていて、それ以外の作品のアイデアはほとんど決めずに、ほぼその場の発想や成り行きだけで制作しました(笑)。
 これまで、ジオラマというものを作ったことがなかったので、「せっかくまたプラモ制作を始めたんだから、今度こそ挑戦しよう」という気持ちがあったのも、きっかけと言えるかもしれません。

――「大破」前提だったんですね(笑)。本格復帰作とは思えない見事な“汚し”です。
ありがとうございます。特に苦労したのは、腕や足の切断面です。初めて挑戦することだったので、他の方の作品を見たり、アニメのシーンなどを見てイメージしながら作ったので思いのほか時間がかかりました。一個一個のパーツを丁寧に扱い壊さないことを念頭に置きながら、いかにカッコよく汚してつくるかを信念にして制作しました。

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索