アニメ&ゲーム カテゴリ

“寄せ集め”だけど強力武器を持って戦うザク試作機に馳せた想い「自国のために尽くし、守る人がいる」

 ガンダム本編では描き切れないサイドストーリーをガンプラで“創造”し、SNSで発表するモデラーも多い。dachさん[email protected]_afnw)は、『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』で描かれた高機動試作型ザク(通称アイナザク)を制作。ドムやザクのパーツを使い、テスト&データ収集だけのために作られた実験用の機体という想定にも関わらず、武器はより強固なものを持たせて仕上げられている。なぜ“寄せ集め”ザク試作機を作り、強力な武器を持たせたのか?dachさんの想いを聞いた。

所属する模型サークルのコンペがきっかけで制作

――ガンプラを本格的に作り始めたのはいつ頃ですか?
dach4歳か5歳の時、『機動戦士Vガンダム』を放送していて、かっこいいロボットが戦うところに憧れてガンダムを好きになりました。ガンプラを本格的に始めたのは2018年。ガンダムダブルオースカイとWガンダムゼロ(TV)で初めてのミキシング(手や足などのパーツを他のガンプラから持ってきて作品を作ること)に挑戦して、試行錯誤の末『ガンダムW0 SKY』を完成させました。

――いきなりミキシングだったんですね。完成した作品の出来はいかがでした?
dach本当にありがたいことにたくさんのいいねや、リツイートをいただきました。また、ガンプラ投稿サイトGUNSTAさん主催の「ビルドダイバーズコンテスト」で優勝させていただきました。身の余る光栄をたくさんいただき、今の僕があります。
――なるほど。そんなdachさんの近作「MS-06RD-4 ZAKU II-A BAOA Q-」は、アイナザクをモチーフにされていますね。どのようなきっかけで制作しようと思ったのですか?
dach私が、所属する模型サークル「からくりラボ」のコンペ『連邦ジオン』がきっかけでした。このコンペは連邦軍、ジオン軍に関係する機体のみで行うというルールで行われました。今までザクも作ったことがなかったので、新しい挑戦として作ってみようと思いました。

――アイナザクは、ガンプラのキットとしてプレミアムバンダイ限定で販売されていますが、それを使用せずに制作されたと伺いました。
dachはい。「HG ORGIN ザクII」「HG ORGIN MSD ドム試作実験機」という2つのキットを使用しました。ミキシングだけどミキシングに見せないよう、ドムの特徴的な足も工作して寄せたり、カラーリングもほぼ調合し、特徴的な赤いラインもデカールではなく塗装で再現しました。とにかくアイナザクにどこまで寄せれるかにこだわって制作しました。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索