• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム
  • 芸能
  • 小沢真珠、15年経っても色あせない”悪女”イメージに感謝「迷走していた自分を救ってくれた」

小沢真珠、15年経っても色あせない”悪女”イメージに感謝「迷走していた自分を救ってくれた」

 現在放送中のドラマ『ルパンの娘』(フジテレビ系)で、深田恭子演じる主人公・華の母親役・悦子で強烈キャラを発揮している小沢真珠。劇中には「役立たずのブタ!」と叫ぶなど、昼ドラ『牡丹と薔薇』(2004年・フジテレビ系)を彷彿とさせるシーンも。『牡丹と薔薇』以降は“悪女”を演じていないにもかかわらず、去年の『悪女が似合う女優ランキング』(オリコン調べ)でトップ3にランクインするなど、15年経ってもそのイメージは健在。その後も色々な役柄に挑戦していながら、“悪女”レッテルに張られる苦悩はなかったのだろうか。小沢に聞いた。

「君しかいない!」渡部篤郎による熱い演技指導、深田恭子は「強さと癒しを兼ね備えている」

――『ルパンの娘』ではコミカルでヒステリックな悦子役を演じていますが、撮影はいかがですか?
小沢真珠悦子のシーンに関しては、渡部さんにアドバイスをいただくこともかなり多いです。もっとテンションを上げたほうがいいというアドバイスや、お母さん(悦子)しかシーンの中で弾けられる人がいないから「任せたよ!君しかいないんだ!」って(笑)。

――作品を通して、チームワークの良さも伝わってきます。先日、深田恭子さんのお誕生日にインスタグラムにアップされていた“美人親子ショット”も印象的でした。

小沢真珠恭子ちゃんとは、前作よりも合間に会話をすることが増えて、より家族みたいな雰囲気の現場になっています。恭子ちゃんは本当にやさしいのに芯は強くて、みんながお芝居しやすい環境を作ってくれているんですよね。強さと人を癒す力を両方持っていて、すごいなと思います。
――今回のドラマでもパロディシーンが登場しますが、小沢さんと言えばやはり『牡丹と薔薇』のイメージが強烈でした。去年の『悪女が似合うランキング』でも、トップ3にランクインされていました。

小沢真珠バラエティ番組でも求められることが多いので、10年以上やり続けていますからね(笑)。途中、やらないほうがいいのかなと悩んだ時期もあったのですが、結局やったほうが盛り上がるので、最近は求められたらお応えするようにしています。

――やらないほうがいいと迷われたのは、どういった理由だったのでしょうか?

小沢真珠あまりやりすぎると、本当にそういう人だと思われてしまうかなと。でも、やり方によっては全然大丈夫なことが分かったので、そんなに気にしなくなりました。

――吹っ切れたきっかけのようなものはありましたか?

小沢真珠結果、作品になった時におもしろくなっているのを見ると、それが答えなのかなと。イメージがどうとかを飛び越えて、楽しいことだと思えるようになりました。なんか、“やりますよ宣言”をしているみたいに聞こえるかもしれませんが、そういうわけではないです!(笑)

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索