アニメ&ゲーム カテゴリ

モデラーが描く「ジャブロー“コロニー落とし”作戦」のその後「戦争はあらゆる人の人生と生活を巻き込む」

 一年戦争時、ジオン公国軍はアマゾン川流域にあるとされた連邦軍の本陣・ジャブローに大打撃を与えるため「コロニー落とし」を仕掛けるが失敗に終わってしまう…。ガンダムシリーズでも人気のこのシーンのその後を想像し、ジオラマを制作したのはモデラーのサニー・ワークス(@SM_gensan)さん。これまでにも軍隊、戦争を意識した作品を数多く発表している同氏に話を聞いた。

「ジャブロー特定のための探索」という物語をイメージ

――プラモデルを本格的に制作されたのはいつ頃からですか?
サニー・ワークス昔、模型を作っていたんですけど、作らなくなって久しかったある日、近くの模型店でガンプラコンテスト開催を目にしました。ふと立ち寄ってみたら、大人が本気で作ったガンプラが展示されてました。「ガンプラって子どもだけでなく大人も楽しめる模型なんだ」と思い、出戻り復帰しました。2016年のことです。

――なるほど。復帰され、実際にガンプラ制作をされて感動したキットはございますか?
サニー・ワークスRGグレードのザクです。信じられない可動領域、ミリタリーモデルに匹敵するパーツ数…誰でも組めるハイクオリティモデル。時代の流れを感じました(笑)。
――作品を拝見すると、ミリタリー系の作品が多いですね。
サニー・ワークス元来、ミリタリーモデルが好きで、モビルスーツも戦車や戦闘機と同じ兵器とカテゴライズすると違和感なくジオラマにできると思ったからです。OVA(オリジナル・ビデオ・アニメーション)の『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』や『機動戦士ガンダム MS IGLOO』が好きで、アムロやシャアなどのエースパイロットよりも無名のクセのあるパイロットに魅力を感じた事がキッカケですね。

――代表作の1つである「Hunter ジオン特殊部隊」は、水の中に横たわるズゴックが非常に印象的な作品です。本作はどのような物語をイメージして制作されたのですか?
サニー・ワークス一年戦争で、ジャブローへのコロニー落としに失敗したジオン公国軍は、降下作戦を立案します。アマゾン川流域と言われているジャブローの場所を特定するため、川に降り立ち、捜索する特殊部隊というのがストーリーをイメージしました。「HGUC ズゴック」、トミーテックの「ジオコレ」シリーズの漁船、ボートセットを使用しました。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索