アニメ&ゲーム カテゴリ

ジムがシャアにカウンターパンチ? “おもしろ系”モデラ―が作る名シーン「ジャブローに(シャアが)散る!」

 組み立ててインテリアとして飾るもよし。精巧さにこだわって大会に出るもよし。老若男女がさまざまな楽しみ方ができることがガンプラの大きな魅力。多くのモデラ―のなかでも、見る人が思わず笑ってしまうような“ネタモデラ―”として活躍する猫マシンガン(@necome_titan)さんに、“おもしろ”系ガンプラへの信念を聞いた。

見てる人を笑わせるところに喜び…面白いアイデアは、仕事中に発案

――“おもしろ”系のガンプラを作るようになったキッカケは?

【猫マシンガン】実は私、最初からネタモデラーだったんです。というのも、作っている途中に「こうしたら面白いんじゃないか?」って考えてしまい、結局ネタ系に走る感じでした。

――ガンプラ制作している最中に、アイデアが沸き出てくるんですね。ネタモデラーとして自信を持つことになったターニングポイントの作品は何でしょうか。

【猫マシンガン】ネタモデラーとしてターニングポイントとなったのは、ファーストを題材とした『ジャブローに散る、シリーズ』を作ったときです。この時に感じたのは、ネタおもしろく見せる難しさがすごく心地よかったと言う事でした。そこから何度も作り直しをして『ジャブローに散れやぁぁぁぁ!!』ができました。

――おもしろいアイデアが生まれるのはどんな時ですか?

【猫マシンガン】あまり言っちゃだめかもしれませんが、仕事中です。特に忙しい時に湧き出てきます! でも、せっかく面白いアイデアが浮かんでも仕事が忙しくて忘れちゃうことも…(苦笑)。あとウォーキングの最中もアイデアが浮かんできます。

――おもしろ系を作り続けるモチベーションというのは?

【猫マシンガン】見る方々の反応ですね。展示会等でブース内から見ていて、見に来ている人の表情が変わった瞬間はめっちゃガッツポーズが出ます。あとはガンダムに興味なさそうな人に笑ってもらえると、やっぱり嬉しいです! “面白くする”ってことはすごく難しいことだと思いますが、その分、そこに辿り着こうとすることが楽しいですし止められないですね。

(C)創通・サンライズ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索